報道発表資料

平成25年8月20日
総合政策
この記事を印刷

地域の技術シーズを活用した再エネ・省エネ対策フィージビリティー調査公募結果について(お知らせ)

 「地域の技術シーズを活用した再エネ・省エネ対策フィージビリティー調査」における委託対象団体について、平成25年4月15日(月)から平成25年5月15日(水)までの期間をもって公募を行い、審査の結果、下記の事業を採択しましたので、お知らせします。

○採択団体
応募者名 調査場所 調査概要
三重県 三重県 三重県内の技術シーズと技術シーズのマッチングや、技術シーズとニーズとのマッチングを通じた製品の実現を目的として、温室効果ガス削減効果、事業採算性、必要な普及施策、地域経済の活性化、雇用創出効果の試算を行い、製品化に向けたビジネスモデルの提案を行うとともに、製品開発に必要な課題について調査を行う。
那賀町 徳島県
那賀町
小水力発電関連の技術シーズを発展させ、実用化を進めるための技術マッチングを進めるとともに、地域の導入ポテンシャルや地域の低炭素化ニーズ、事業性、普及性等に関する調査を行う。
一般財団法人下川町
ふるさと開発振興公社
北海道
下川町
技術シーズ、地域低炭素化ニーズ、地域施策、独自性のマッチングを可能にする省エネ・エコ住宅について、低炭素社会の推進地域活性化モデル、寒冷地普及モデルを構築することを目的としたフィージビリティー調査を行う。
公益財団法人
名古屋産業科学研究所
愛知県 知多半島地域における再エネ関係の取組のニーズに即した技術シーズについて、その導入可能量、二酸化炭素排出削減量、事業性、製造・導入等に伴う地域経済効果等を把握し、県・市町等との連携のもとに実現することを目的としたフィージビリティー調査を行う。
連絡先
環境省総合環境政策局環境計画課低炭素地域づくり事業推進室
(代表:03-3581-3351)
(直通:03-5521-8233)
室長:山口 富夫 (内6284)
補佐:谷貝 雄三 (内6223)
係長:白石 剛士 (内6228)
担当:倉科 昭宏 (内6280)

ページ先頭へ