報道発表資料

平成25年8月8日
自然環境
この記事を印刷

平成25年の飼育下トキの繁殖結果等について(お知らせ)

 平成25年の飼育下トキの繁殖結果等についてお知らせします。
 平成25年は佐渡トキ保護センター、同野生復帰ステーション、多摩動物公園、いしかわ動物園、出雲市トキ分散飼育センター、長岡市トキ分散飼育センター及び佐渡市トキふれあい施設において合計29組のペアで繁殖に取り組みました。これらのペアから計166個の卵が産まれ、このうち46羽のトキが順調に成育しています。この結果、我が国の飼育下におけるトキの総個体数は212羽(野外で捕獲したきょうだいペアの幼鳥4羽含む)となっています。

1.
 平成25年の繁殖期(3月〜6月)は、平成24年の繁殖期の29組のペアのうち5組を解消、6組の新たなペアを形成して計30組のペアで繁殖に着手したが、死亡等により2組減り、新たなペアが1組増え、結果として29組のペアで繁殖に取り組んだ。
 (佐渡トキ保護センター:9組、野生復帰ステーション:7組、多摩動物公園:4組、いしかわ動物園:2組、出雲市トキ分散飼育センター:3組、長岡市トキ分散飼育センター:3組、佐渡市トキふれあい施設1組。)
2.
 29組の繁殖ペアから計166個の卵が産卵され、うち89個を有精卵と確認し、そのうち合計53羽のヒナが孵化した(自然孵化:26羽、人工孵化:27羽)。
 孵化したヒナのうち6羽は育雛中に死亡(3羽は自然育雛中に死亡、3羽は人工育雛中に死亡)、1羽は人工育雛中に逸出したが、46羽が順調に成育している。
3.
 この結果、平成25年は46羽(自然孵化:23羽、人工孵化:23羽)のトキが成育し、我が国の飼育下におけるトキの総個体数は212羽(きょうだいペアの幼鳥4羽含む)となった。
 注:数字は平成25年8月1日現在(詳細は別添資料)

添付資料

連絡先
環境省自然環境局野生生物課
課長  :中島慶二(6460)
専門官:竹内幸市(6461)
専門員:池田一男(6684)
直通  :03−5521−8283
代表  :03−3581−3351

Adobe Readerのダウンロード

PDF形式のファイルをご覧いただくためには、Adobe Readerが必要です。Adobe Reader(無償)をダウンロードしてご利用ください。

ページ先頭へ