報道発表資料

平成25年8月5日
総合政策
この記事を印刷

那覇空港滑走路増設事業に係る環境影響評価書に対する環境大臣意見及び助言の提出について(お知らせ)

 環境省は、「那覇空港滑走路増設事業」に係る環境影響評価書について、国土交通大臣から環境の保全の見地からの意見を、沖縄県知事及び那覇港管理組合から助言を求められたことから、本日付けで環境大臣意見及び助言を提出しました。
 なお、意見及び助言では、沖縄島南部で最大規模の藻場や「日本の重要湿地500」に選定されている干潟をはじめとする海域の自然環境の維持や適切な対策を求めるとともに、航空機騒音の低減等について言及しています。

1.
 環境省は、「那覇空港滑走路増設事業に係る環境影響評価書」(事業者:内閣府沖縄総合事務局、国土交通省大阪運輸局)について、国土交通大臣から環境の保全の見地からの意見を、沖縄県知事及び那覇港管理組合から助言を求められたことから、平成25年8月5日付けで、国土交通大臣に対し環境大臣意見を提出し、沖縄県知事及び那覇港管理組合に環境大臣助言を提出した。
2.
 なお、今後、事業者に対して、国土交通大臣並びに沖縄県知事及び那覇港管理組合から環境大臣意見又は助言を勘案した意見が述べられることとなる。

【参考】

事業概要
事 業 者:内閣府沖縄総合事務局、国土交通省大阪航空局
事 業 地:沖縄県那覇市及び豊見城市(那覇空港沖)
埋立面積:約160ha
滑走路長:2,700m

添付資料

連絡先
環境省総合環境政策局環境影響審査室
室長  :瀬川 恵子  (内6231)
審査官:田中 準    (内6248)
審査官:佐藤 秀憲  (内6253)
電話  :03-3581-3351(代表)
     03-5521-8237(直通)

Get Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただくためには、Adobe Readerが必要です。Adobe Reader(無償)をダウンロードしてご利用ください。

ページ先頭へ