報道発表資料

平成25年6月13日
地球環境
この記事を印刷

「ライトダウンキャンペーン2013」全国自治体の取組について(お知らせ)

 環境省では、2003年から地球温暖化防止のため、ライトアップ施設や家庭の照明を消していただくよう呼び掛ける「CO2削減/ライトダウンキャンペーン」を実施してきました。11年目の本年も6月21日から7月7日までの間、「CO2削減/ライトダウンキャンペーン2013」を実施するとともに、6月21日(夏至の日)と7月7日(クールアース・デー)両日の夜8時から10時までの2時間を特別実施日として設定し、全国のライトアップ施設や各家庭の照明の一斉消灯を呼び掛けています。
 この度、全国各地の自治体においても積極的な取組が拡大しているため、広く紹介し、低炭素社会づくりに向けた取組の一層の拡大を図ります。

1.「CO2削減/ライトダウンキャンペーン2013」の概要

 環境省では、2003年から地球温暖化防止のため、ライトアップ施設や家庭の照明を消していただくよう呼び掛ける「CO2削減/ライトダウンキャンペーン」を実施してきました。これは、国民一人ひとりに対して、照明を消すことで、私たちの未来や地球環境について考えていただくことを目的にしたキャンペーンです。
 本年も、「CO2削減/ライトダウンキャンペーン2013」として6月21日から7月7日までを啓発期間とします。
 また、6月21日(夏至の日)と7月7日(クールアース・デー)両日の夜8時から10時までの2時間を特別実施日として設定し、全国のライトアップ施設や各家庭の照明の一斉消灯を呼び掛け、参加施設数と削減消費電力量を集計します。
 (参考)「ライトダウン2013」ホームページ (http://coolearthday.jp)

2.全国自治体の取組の紹介

 全国各地の自治体においても積極的な取組が拡大しているため、紹介します。(別添資料)

「ライトダウン2013」ホームページでも紹介します。(6月20日頃公開予定)
http://coolearthday.jp/activity

添付資料

連絡先
環境省地球環境局地球温暖化対策課
国民生活対策室 (代表:03-3581-3351)
           (直通:03-5521-8341)
 室長補佐:佐藤 匡廣 (内:6725)
 担当   :相澤 和春 (内:6792)
        矢崎 孝治 (内:6793)
        桑原桂一郎(内:6763)

関連情報

Adobe Readerのダウンロード

PDF形式のファイルをご覧いただくためには、Adobe Readerが必要です。Adobe Reader(無償)をダウンロードしてご利用ください。

ページ先頭へ