報道発表資料

平成25年5月30日
大気環境
この記事を印刷

環境省熱中症予防情報サイトにおける暑さ指数の情報提供及び個人向けメール配信サービスについて(第2報)(お知らせ)

 環境省では、暑さ指数(WBGT:湿球黒球温度)の予測値・実況値について、今年度は5月13日(月)から情報提供を開始したところです。
 今年度からの新たな機能の一つとして、6月1日(土)〜10月18日(金)まで、環境省の「熱中症予防情報サイト」の情報を活用して、民間のメール配信サービスを活用した個人向けメール配信サービスを開始します。

1.目的

 環境省では、平成24年度は約770万件を超えるアクセス数があったことにより、今年度は、更なる機能拡張を行い、5月13日(月)から情報提供を開始したところです。
 例年、暑さ指数の予報値等の個人メール配信サービス(無料)の実施について、多くの方から要望をいただいております。このため、本年6月1日(土)〜10月18日(金)の間、民間のメール配信サービスを活用した個人向けメール配信サービス(無料)を実施することになりましたので、お知らせいたします。
 今後、一層の取組を推進することで熱中症の予防を図ってまいります。

2.個人向けメール配信サービス(無料)について(別紙1参照)

 本サービスは、環境省が「環境省熱中症予防情報サイト」にて提供している暑さ指数の予測値及び実況値を、メール配信を行うバイザー(株)が運営する高速メール配信システム「すぐメール」を活用し、個人向けに配信するサービスです。

(1)利用方法

 下記のURLにより、利用する際に必要な登録を行います。

(パソコン)
http://www.wbgt.env.go.jp/mail_service.php
(携帯電話)
http://www.wbgt.env.go.jp/kt/mail_service.html
上記アドレスの利用規約に同意し、情報の欲しい地点の選択等の手続きを進めてください。(環境省のサイトからバイザー(株)のサイトに移動します。)

(2)提供期間

 平成25年6月1日(土)12時から10月18日(金)

(3)サービス内容

全国841地点から、配信を希望する地点を5地点まで選択することができます。
メール送信を行う暑さ指数のレベルを5段階(「危険」「厳重警戒」「警戒」「注意」「ほぼ安全」)で設定することができ、設定した場合は、選択したランク以上の暑さ指数が発表された場合にメールが配信されます。(別紙2参照)
本メールにて配信される情報は、暑さ指数の「予測値」もしくは「実況値」の2つです。
予測値メール:当日、翌日、翌々日(深夜0時まで)の3時間毎の予測値
(翌々日までの予測値の中で、設定した暑さ指数のレベルを超過するものが一つでもあれば、朝6時30分頃にメール配信を行います。)
予測値メールの配信時間の個人設定はできません。
実況値メール:現在の暑さ指数の値(実測地点においては実測値)を1時間ごとに算出
(1時間毎算出の実況値が設定した暑さ指数のレベルを超過すれば、その度にメール配信を行います。)

3.その他

 全国の暑さ指数(WBGT)の各都市の状況や暑さ指数と熱中症による救急搬送者数(全国)との関係性についても、6月末以降定期的に情報提供していく予定です。

添付資料

連絡先
環境省水・大気環境局大気生活環境室
直通      :03-5521-8300
代表      :03-3581-3351
室長事務取扱:加藤 庸之(内線6510)
室長補佐   :山根 正慎(内線6542)
担当      :小池 要  (内線6578)

Adobe Readerのダウンロード

PDF形式のファイルをご覧いただくためには、Adobe Readerが必要です。Adobe Reader(無償)をダウンロードしてご利用ください。

ページ先頭へ