報道発表資料

平成25年5月28日
大臣官房
この記事を印刷

「エコライフ・フェア2013」の開催について(お知らせ)

 「エコライフ・フェア2013」を、以下の日程で開催します。今年は、震災からの復旧復興、地球温暖化対策、生物多様性の保全などを始めとした環境問題について取り上げます。ステージイベント、展示ブース、飲食スペース等を御用意しております。

期間:平成25年
6月1日(土) 11:00〜17:00
6月2日(日) 10:00〜17:00
場所:
代々木公園 ケヤキ並木(NHKホール前)/イベント広場
※ 入場無料

 イベント1日目の6月1日(土)には、石原環境大臣がタレントのつるの剛士さん、TOKYO FMアナウンサー柴田幸子さんとのステージのトークショーに出演する予定です。ステージは13:00から13:30の予定です。
 他にもステージイベントとして、TICOBOさん・多田周子さん・ドクモカフェ音楽部さん・北浪良佳さんが出演するECO LIFE MUSIC STAGE、被災地のゆるキャラ・ゲストキャラクターのバリィさん・ミスアースジャパン野田萌さんが出演する復興支援ゆるキャラクイズ、仮面ライダーウィザードによるキャラクターショーなどが予定されています。
 また、出展ブースでは、環境省、地方公共団体、企業、NGOなどの多様な取り組みを紹介します。親子で参加できるワークショップなど、子どもから大人まで、楽しみながらライフスタイルを見つめ直すきっかけとなる様々な催しが用意されています。
 御家族、御友人をお誘いの上、是非御参加ください。

1.エコライフ・フェア概要

(1)エコライフ・フェアとは

 エコライフ・フェアは、毎年6月の環境月間に全国各地で展開する様々な行事の中の主たる行事の一つとして1990年以来、環境省(環境庁)、関係地方公共団体、関連法人、業界団体、企業及びNGOが連携し実施しています。

(2)「エコライフ・フェア2013」

 今年は、震災からの復旧復興、地球温暖化対策や生物多様性の保全などを始めとした環境問題に対して、人々を理解・意識の段階から実際の行動へと導くきっかけとなる場を提供し、我々の生活様式及び経済社会活動を環境にやさしいものとすることをめざして開催することとします。

(3)フェアの御紹介ホームページ

 エコライフ・フェア2013のホームページを開設しています。展示ブース、ステージイベント、飲食スペースの内容等についてはホームページを御覧下さい。
  ホームページアドレス: http://www.ecolifefair.go.jp/

2.取材申込先

エコライフ・フェア2013運営事務局

((株)JTBコミュニケーションズ内)
東京都品川区上大崎2-24-9 アイケイビル3F
TEL:03-5434-8516 FAX:050-3730-7090
E-mail:2013eco@jtbcom.co.jp

(参考1)主催・共催、御後援・御協力いただいている団体

 エコライフ・フェア2013は環境省主催、渋谷区共催で開催します。
 また、御後援、御協力いただいている団体は以下の通りです。

■後援:
文部科学省、経済産業省、国土交通省、東京都、渋谷区教育委員会、
(一社)日本新聞協会、(一社)日本民間放送連盟
■協力:
日本百貨店協会、日本チェーンストア協会、日本生活協同組合連合会、
東京都生活協同組合連合会、京王電鉄(株)、グリーン購入ネットワーク、
TOKYO FM
(参考2)御出展予定の企業等(順不同)

渋谷区役所(共催)

東京ガス株式会社、SGホールディングスグループ(佐川急便)、株式会社プレジデント社、TOKYO FM、オルガノ株式会社、日本テクノ株式会社、有限会社エムエスイー、一般社団法人日本鉄鋼連盟、一般社団法人パソコン3R推進協会、一般社団法人日本自動車連盟、エコ・ファースト推進協議会、クリーンディーゼル普及促進協議会、公益社団法人日本アロマ環境協会、首都高速道路株式会社、パルシステム生活協同組合連合会、東都生協、独立行政法人環境再生保全機構、独立行政法人国立環境研究所

被災三県からの地元物産の販売
福島県:
有賀醸造合資会社、(株)磐城高箸、夢・菓子工房かめまん、ネットワークふくしま鏡石
岩手県:
NPO法人陸前高田市支援連絡協議会Aid TAKATA
宮城県:
気仙沼地域開発株式会社
連絡先
環境省大臣官房政策評価広報課広報室
直通:03-5521-8213
代表:03-3581-3351
室長:中尾 豊  (内6081)
補佐:磯辺 信治(内6082)
係長:君塚 厚志(内6085)

関連情報

ページ先頭へ