報道発表資料

平成25年4月17日
自然環境
この記事を印刷

国際生物多様性の日シンポジウム「三陸復興国立公園の創設から 考える生態系サービスの強化と持続可能な地域社会の構築」の開催について(お知らせ)

 毎年5月22日は、国連が定める国際生物多様性の日です。
 今年は「三陸復興国立公園の創設から考える生態系サービスの強化と持続可能な地域社会の構築」をテーマにシンポジウムを開催し、専門家によるお話とパネルディスカッションを交え、学び考えます。

国際生物多様性の日シンポジウム「三陸復興国立公園の創設から考える生態系サービスの強化と持続可能な地域社会の構築」

○日時:
2013年5月22日(水)14:00-17:00
○場所:
国連大学エリザベス・ローズ・ホール
○主催:
環境省、国連生物多様性の10年日本委員会(UNDB-J)、国連大学サステイナビリティと平和研究所(UNU-ISP)、地球環境パートナーシッププラザ(GEOC)
○後援:
東北大学生態適応センター
○協力:
生物多様性条約事務局(SCBD)
基調講演者:
武内 和彦(国連大学上級副学長・中央環境審議会会長)
コーディネーター:
涌井 史郎(国連生物多様性の10年日本委員会委員長代理)
パネリスト:
あん・まくどなるど(上智大学教授)
小林 眞(八戸市長)
白山 義久(海洋研究開発機構理事)
中静 透(東北大学教授)
前川 聡(WWFジャパン自然保護室水産担当)

参加申込み

シンポジウムへの参加は無料です。以下のウェブサイトから登録してください。
定員150名になり次第締め切ります。(http://isp.unu.edu/jp/events/2013/bio-diversity_symposium.html

国際生物多様性の日について(英語)
http://www.cbd.int/idb/2013/

<連絡先>
国連大学サステイナビリティと平和研究所
(UNU-ISP) 中野
電子メール: nakano@unu.edu

連絡先
環境省自然環境局自然環境計画課生物多様性地球戦略企画室
(代表:03-3581-3351)
(直通:03-5521-8275)
室長   :奥田 直久(内:6480)
室長補佐:中山 直樹(内:6485)

ページ先頭へ