報道発表資料

平成25年4月5日
自然環境
この記事を印刷

海洋生物の希少性評価の検討について(お知らせ)

 環境省では、海洋生物に対する関心の高まりを受け、平成24年度より、海洋生物の希少性評価(海洋生物のレッドリスト)の検討を開始いたしました。
 平成24年度は、「海洋生物の希少性評価検討会」を設置し、今後具体的に種の絶滅のおそれを評価するに当たり、基本的評価方法、評価対象種の基本的条件、評価体制等について、議論いたしました。その検討結果について、お知らせいたします。
 なお、次年度から具体的に種の絶滅のおそれの評価作業を行い、平成28年度を目途に海洋生物に係るレッドリストを公表する予定です。

1. 背景

 海洋生物多様性保全戦略(平成23年3月環境省決定)において、「海洋生物の希少性等の評価」の推進が位置づけられるなど、海洋生物に対する関心が高まっており、保全及び持続可能な利用にあたって海洋の生物多様性の現状を適切に把握・評価する必要があります。

2. 目的

 海洋生物について絶滅のおそれの度合いの評価の方法や評価可能な対象種を検討し、最終的に、海洋生物に係るレッドリストを作成します。

3.平成24年度の検討状況

 「平成24年度海洋生物の希少性評価検討会」を設置し、今後具体的に種の絶滅のおそれを評価するに当たり、基本的評価方法、評価対象種の基本的条件、評価体制等について、検討しました。検討体制及び検討結果については別添資料1〜4の通りです。

4. 今後のスケジュール

 平成25年度以降、3.の検討を踏まえ、分類群毎に分科会を設置し、具体的に種の絶滅のおそれの評価作業を行い、平成28年度を目途に海洋生物に係るレッドリストを公表する予定です。

添付資料

連絡先
環境省自然環境局野生生物課
(直通:03 - 5521 - 8283)
課長   :中島 慶二 (6460)
課長補佐:山本 麻衣 (6475)
専門官  :荒牧 まりさ(6462)
専門官  :浪花 伸和 (6469)

Adobe Readerのダウンロード

PDF形式のファイルをご覧いただくためには、Adobe Readerが必要です。Adobe Reader(無償)をダウンロードしてご利用ください。

ページ先頭へ