報道発表資料

平成25年3月12日
総合政策
この記事を印刷

大和都市計画区域に係る区域区分の変更に対する環境大臣意見の提出について(お知らせ)

 環境省は、大和都市計画区域に係る区域区分の変更(都市計画決定権者:奈良県)について、3月12日付けで国土交通省近畿地方整備局長に対し、環境大臣意見を提出した。

1.
 環境省は、大和都市計画区域に係る区域区分の変更について、都市計画法に基づき、環境の保全の見地からの意見を求められたことから、平成25年3月12日付けで国土交通省近畿地方整備局長に対し、下記のとおり環境大臣意見を提出した。
2.
 環境大臣意見では、区域区分の変更に伴い実施される開発行為について、自然環境への影響を考慮し、開発に当たってできる限り森林を残す等の適切な対策の実施に努めるよう指摘している。

環境大臣意見

 今回、市街化区域に編入される七条西町地区に予定されている新奈良病院の建設計画においては、地形を活かした施設計画の策定等により、残置する森林を最大限確保するとともに、さらなる開発が行われる場合には、新病院建設に係る残置森林等や水辺環境との連続性を考慮して残置する森林等を確保することが望ましい。このことから、関係自治体は、関係自治体間及び庁内の関係部局間に加え、さらなる開発が行われる場合にはその事業者と緊密に連携し、上述のような観点を踏まえ、適切な開発計画となるよう努めること。
 また、開発事業に係る環境保全措置については、複数の専門家等の意見を踏まえて実施するとともに、モニタリング調査を行い、状況に応じた適切な対策を講ずること。加えて、モニタリング調査の結果及び環境保全措置の内容ついては、公表等により、適切な検証が行えるよう努めること。

参考

○都市計画区域の概要
都市計画区域の名称:
大和都市計画区域
都市計画決定権者:
奈良県
構成市町村:
大和高田市、大和郡山市、天理市、橿原市、桜井市、御所市、生駒市、香芝市、葛城市、
平群町、三郷町、斑鳩町、安堵町、川西町、 三宅町、田原本町、高取町、明日香村、上牧町、
王寺町、広陵町及び河合町並びに奈良市、五條市及び宇陀市の各一部
変更内容:
奈良市七条西町地区の約18haを市街化区域に編入

用語解説

区域区分:
都市計画区域について無秩序な市街化を防止し、計画的な市街化を図るため、すでに市街地を形成している区域及び概ね10年以内に優先的かつ計画的に市街化を図るべき「市街化区域」と市街化を抑制すべき「市街化調整区域」との区分を定めるもの。
連絡先
環境省総合環境政策局環境影響審査室
代表 : 03-3581-3351
直通 : 03-5521-8237
室長    : 田中 紀彦 (内6231)
室長補佐 : 横井三知貴 (内6233)
審査官  : 佐藤 秀憲 (内6253)

ページ先頭へ