報道発表資料

平成25年1月31日
自然環境
この記事を印刷

「奄美・琉球」の世界遺産暫定一覧表への記載について(お知らせ)

 1月31日(木)、世界遺産条約関係省庁連絡会議において、「世界の文化遺産及び自然遺産の保護に関する条約」に基づく我が国の世界遺産暫定一覧表に、自然遺産として「奄美・琉球」を記載することを決定しました。

1.「奄美・琉球」は、環境省と林野庁が平成15年に設置した学識経験者からなる検討会において、世界遺産の候補地として選定されました。

2.この「奄美・琉球」について、本日開催された世界遺産条約関係省庁連絡会議(外務省、文化庁、環境省、林野庁、水産庁、国土交通省、宮内庁で構成)において、自然遺産として我が国の世界遺産暫定一覧表に記載することを決定しました。

3.今後、世界遺産暫定一覧表記載のために必要な文書(仮訳:参考資料3)をユネスコ世界遺産センターに提出します。

4.その後は、国立公園等の保護地域の指定あるいは拡張に向けた調整、外来種問題への対応等を継続して推進するとともに、関係行政機関や地域関係者、専門家等との連携・協働による保全管理体制を整備するなど、地域の理解・合意を得ながら、具体的な推薦地域を特定した上で、可能な限り早期に正式な推薦書を提出し、世界遺産一覧表への記載を目指して取組を進めます。

添付資料

連絡先
環境省自然環境局自然環境計画課
代表 03-3581-3351
直通 03-5521-8274
課長    亀澤 玲治 (6430)
課長補佐 中澤 圭一 (6435)
専門官   宮澤 泰子 (6438)

Adobe Readerのダウンロード

PDF形式のファイルをご覧いただくためには、Adobe Readerが必要です。Adobe Reader(無償)をダウンロードしてご利用ください。

ページ先頭へ