報道発表資料

平成25年1月28日
地球環境
この記事を印刷

「カーボン・マーケットEXPO 2013」の開催について(第2報)(お知らせ)

  • 環境省では、変わりゆく市場メカニズムを活用した地球温暖化対策の形を自社のビジネスやCSR活動等に活用することを目的に、2013年2月6日(水)に東京国際フォーラムにて「カーボン・マーケットEXPO 2013」を開催いたします。
  • この度、ブース出展事業者及びセミナー等の詳細が決定いたしましたので、第2報としてお知らせいたします。

1.行事名

「カーボン・マーケットEXPO 2013」

2.テーマ

 「動き出す!未来が求める地球温暖化対策〜ともに目指す2020年〜」  京都議定書第一約束期間を終え、世界中が新たな地球温暖化対策を求めて動き出す2013年。その節目の年に、国内ではJ-VERと国内クレジットの統合による新たなクレジット制度の発足、国際的には二国間オフセット・クレジット制度が運用を始めようとしています。
 カーボン・マーケットEXPO 2013では、2020年に向け新たなフェーズを迎える市場メカニズムを活用した地球温暖化対策について最新の情報を発信し、「未来が求める地球温暖化対策」を考えます。

3.日時

 2013年2月6日(水)10:00〜17:00

 

4.場所

東京国際フォーラム 展示ホール1
〒100-0005 東京都千代田区丸の内3-5-1
TEL:(03)5221-9000(代表)
http://www.t-i-forum.co.jp/function/map/index.html
JR線・東京メトロ有楽町線有楽町駅より徒歩1分
JR線・東京メトロ丸ノ内線東京駅より徒歩5分
(JR京葉線東京駅とB1地下コンコースにて連絡)

5.内容

 当日の内容は以下のとおりです。
 なお、チラシは資料1を、ブース出展者及びブース配置一覧は資料2を、EXPO全体のタイムスケジュールは資料3を、メインステージ・プレゼンテーションスペースの概要は資料4を、それぞれ御確認ください。

· 展示ホール1(地下2階)

 カーボン・オフセットやJ-VER等のクレジット創出に取り組む企業・自治体がブース出展を行います(97ブース)。また、国内外の関連制度に関する相談ブースも設置し、個別説明や疑問に対応いたします。
 また、展示ホール内では、カーボン・オフセットをはじめとした環境配慮型製品の展示や、企業や自治体のプレゼンテーションも行われます。

· 展示ホール1内メインステージ (地下2階)

10:05〜10:50 知恵を集めてイノベーション - 創造的で持続可能な社会に向けて -
(富士通株式会社 特命顧問
株式会社富士通総研 相談役 伊東千秋氏による基調講演)
10:50〜11:20 企業が創る低炭素の未来
(クレジット活用企業による先進事例紹介)
11:20〜12:00 2020年に向け て日本企業の取るべき道
(国連環境計画 金融イニシアチブ 特別顧問 末吉竹二郎氏による講演)
12:30〜13:30 第2回カーボン・オフセット大賞 授賞式
(環境大臣賞、経済産業大臣賞等の受賞団体の表彰)
14:00〜15:00 市民を巻き込むカーボン・オフセット
(カーボン・オフセット取組事業者によるパネルディスカッション)
15:30〜16:30 新クレジット制度(仮称)誕生!!
  広がるクレジット活用とグリーン成長に向けて
(自治体や事業者によるパネルディスカッション)

· その他のセミナー会場

ガラス棟「会議室G701」
14:00〜16:30
市場メカニズム公開セミナー「二国間オフセット・クレジット制度に関する取組」及び「2013年以降のCDMについて」
1月15日付報道発表資料 :
http://www.env.go.jp/press/16194.html
1月15日に参加申込の募集をしましたが、定員に達したため締め切らせていただきました。
ガラス棟「会議室G602」
10:00〜12:00
自主参加型国内排出量取引制度(JVETS)シンポジウム2013 〜市場メカニズムを活用した温暖化対策について〜
1月10日付報道発表資料 :
http://www.env.go.jp/press/16185.html
1月10日に参加申込の募集をしましたが、定員に達したため締め切らせていただきました。
13:30〜15:30
CO2削減・節電ポテンシャル診断セミナー2013
12月27日付報道発表資料 :
http://www.env.go.jp/press/16155.html
12月27日に参加申込の募集をしましたが、定員に達したため締め切らせていただきました。
ガラス棟「会議室G610」
10:00〜12:00
カーボンフットプリントからオフセットへ
CO2削減の第一ステップとしてカーボンフットプリント(CFP)で製品に係るCO2排出量を把握しましょう。CFPの具体的な算定方法と、その結果を活用した削減行動、クレジットによるオフセットまでの一連の流れを解説します。
主催:カーボンフットプリントコミュニケーションプログラム事務局
参加申込: http://www.cfp-japan.jp/event/
14:00〜16:00
サプライチェーンを巻き込んだグリーン購入の新たな動き〜第14回グリーン購入大賞 大臣賞・大賞の事例発表〜
環境大臣賞「鹿児島県」、経済産業大臣賞「沖縄県EV普及促進協議会」の取組では、行政や民間団体が企業と共に県産材やEV(レンタカー)を事業化させており、森林保全や 観光地でのEV普及をいかに進めてきたかを御紹介します。
主催:グリーン購入ネットワーク
参加申込: http://www.gpn.jp/archives/2013/01/16/000379.php

6.申込方法

 EXPOへの参加を希望される方は、以下のウェブサイトより、御登録をお願いいたします。当日は申込完了後にメール配信する参加票を御持参ください。登録なしでの入場も可能ですが、EXPO全体のカーボン・オフセットを実施するため、受付時に必要情報等の記入をお願いすることになります。会場受付での円滑な入場を確保する観点から、できる限り事前の参加登録をお願いいたします。

○EXPO参加申込用ウェブサイト

http://www.j-cof.go.jp/temporary/carbonmarket_expo_201302.html

 当日はCO2排出削減のため、会場の暖房設定を20℃にしておりますので、ウォームビズでお越しください。また、なるべく公共交通機関を御利用ください。なお、EXPO及びセミナー開催に伴い、会場の電力使用、関係者・参加者の移動に伴い排出されるCO2をカーボン・オフセットするため、申込の際に交通手段及び最寄り駅の登録に御協力お願いします。

7.お問い合わせ窓口

 申込方法やカーボン・マーケットEXPO 2013についてのお問い合わせ、マスコミ関係者の取材希望(当日のカメラ撮影等も含む)はこちらへ御連絡ください。

○カーボン・マーケットEXPO開催事務局
 (カーボン・オフセットフォーラム(J-COF)事務局)
 担当:秋山・横山・野地
 TEL:03-5776-0402   E-mail:carbonexpo@oecc.or.jp

8.個人情報の取扱いについて

 本イベントの申込受付は、環境省より委託を受け一般社団法人海外環境協力センター内カーボン・オフセットフォーラム事務局が担当しております。参加希望者の情報は、当社団及び環境省が当イベントの参加受付の整理の目的に限り利用します。個人情報の取扱いに関するお問い合わせは、carbonexpo@oecc.or.jpまで御連絡ください。

9.資料

資料1 カーボン・マーケットEXPO 2013チラシ
資料2 ブース出展者及びブース配置図一覧
資料3 カーボン・マーケットEXPO 2013全体タイムテーブル
資料4 メインステージ・プレゼンテーションスペース概要

 

10.参考

カーボン・オフセットに関する情報については、以下のホームページに掲載しています。

○環境省
http://www.env.go.jp/earth/ondanka/mechanism/carbon_offset.html

○カーボン・オフセット制度(事務局:気候変動対策認証センター)
http://www.jcs.go.jp/index.html

○オフセット・クレジット(J-VER)制度(事務局:気候変動対策認証センター)
http://www.j-ver.go.jp/

○カーボン・オフセットフォーラム(J-COF)
http://www.j-cof.go.jp/index.html

○カーボン・オフセット推進ネットワーク(CO-Net)
http://www.carbonoffset-network.jp/

添付資料

連絡先
環境省地球環境局地球温暖化対策課市場メカニズム室
代表:03-3581-3351 直通:03-5521-8246
    室長   :奥山 祐矢 (内線6737)
    室長補佐:三好 一樹 (内線6785)
    担当   :金本 和也 (内線6769)

Adobe Readerのダウンロード

PDF形式のファイルをご覧いただくためには、Adobe Readerが必要です。Adobe Reader(無償)をダウンロードしてご利用ください。

ページ先頭へ