報道発表資料

平成25年1月10日
自然環境
この記事を印刷

「生物多様性分野における事業者による取組の実態調査」について(お知らせ)

 環境省は、事業者による生物多様性の保全と持続可能な利用に関する取組の促進に向けた施策展開のための基礎資料とするため、「生物多様性分野における事業者による取組の実態調査」を実施します。調査は、従業員数500人以上(農林水産業、鉱業・採石業・砂利採取業については50名以上)の全事業者(約6,000社)を対象としてアンケート調査形式で行います。
 本調査の結果については、環境省のホームページ等に掲載し、幅広く情報提供させていただきます。

1.調査内容:
事業者による生物多様性の保全と持続可能な利用に関する取組に関する意識・認識及び実施状況
※本調査は総務省の承認を得て統計法に基づく一般統計調査として実施。
2.調査対象事業者:
株式会社東京商工リサーチ「TSR企業情報ファイル283byte」に登録された公務(日本標準産業大分類S)を除く事業者のうち、従業員数500人以上(農林水産業、鉱業・採石業・砂利採取業については50名以上)の全事業者(約6,000社)
※東日本大震災に係る警戒区域等、調査実施が困難な地域に所在する事業所は除く。
3.調査方法 :
2.の調査対象事業者にアンケート調査票を郵送し、平成25年1月31日までに下記[1]又は[2]の方法により回答を依頼。
[1]専用のURLにアクセスしてウェブサイト上にて回答。
[2]同封のアンケート調査票に直接記入のうえ返送。
4.調査主体:
環境省(自然環境局自然環境計画課生物多様性施策推進室)
(調査受託機関:いであ株式会社(国土環境研究所 生物多様性計画部))
連絡先
環境省自然環境局自然環境計画課生物多様性施策推進室
代表   :03-3581-3351
直通   :03-5521-9108
室長   :牛場 雅己(内:6660)
室長補佐:常冨 豊  (内:6661)
担当   :大坪 義人(内:6663)

ページ先頭へ