報道発表資料

平成24年12月7日
廃棄物
この記事を印刷

Car to Carの実現を目指した「鉄スクラップの高度利用化実証事業」の実施について(お知らせ)

 環境省では、平成24年度新規事業として、鉄スクラップを原料として自動車用の構造用鋼板(高張力鋼)を電炉で試作し、国内初の実用化を目指してその品質について検証を行う実証事業を実施します。
 自動車の構造用鋼板など、より幅広い製品の原料として鉄スクラップを用いることができるようになれば、[1]貴重な国内資源である鉄スクラップの利用用途の拡大、[2]鉄スクラップに含まれるレアメタル等の有効活用、[3]資源輸送時に要する二酸化炭素の削減(鉄鉱石は海外から遠距離輸送)、[4]使用済自動車から回収される鉄スクラップを原料として再び自動車を製造する(Car to Car)など水平リサイクルの実現などにつながるものと考えています。

(1)鉄スクラップの利用状況

 鉄については、鉄鋼生産時等に発生する加工スクラップ、自動車などの使用済製品から回収される老廃スクラップが再び鉄鋼生産へと循環利用されており、我が国で年間に製造される鉄鋼製品の原料約1億3千万トンのうち、約5千万トンが鉄スクラップ由来の原料となっています(出典:日本鉄鋼連盟)。
 しかしながら、現在、鉄スクラップを原料とした鉄鋼製品は、様々な合金元素を添加した特殊鋼や、それ程高水準の品質が求められない建設用建材などに限られており、自動車や家電製品の鋼板については天然資源である鉄鉱石を主な原料として製造されています。
 近年、国内における建設需要の減少等により、鉄スクラップの輸出が増加しています(平成2年約40万t、平成12年約280万t、平成23年約540万t。出典:貿易統計))。

(2)高炉と電炉

 鉄を製造する方法としては、天然資源である鉄鉱石を主な原料として高炉で製造する方法と、リサイクル資源である鉄スクラップを主な原料として電炉で製造する二つの方法があります。
 高炉で製造する場合には、エネルギーに加えて、鉄鉱石に含まれる酸素分について、コークス(石炭を蒸し焼きにした燃料)などを使用し除去することが必要なため、多くのCO2を排出します。
 一方、電炉で製造する場合には、鉄スクラップを溶かして製品化するためのエネルギーだけで足りることから、高炉で製造する時と比較してCO2の排出量は大幅に低くなり、高炉で製造する場合の25%程度となるとの試算もあります。

(3)本事業の趣旨

 現在、我が国で製造されている自動車用の構造用高張力鋼板は、軽薄性、成形性、車体衝突時に耐えられる物性など高品質な性能を求められる部材であり、かつ、鉄スクラップに少なからず含有する銅を一定割合以下に抑えなければならないという技術上の課題があることから、鉄スクラップを主な原料としている電炉では製造されていません。
 本事業は、近年電炉における製造・管理技術が向上していること、廃車等を含むいわゆる老廃鉄スクラップには鉄の張力特性等を高める銅やニッケル・クロム等の有用金属が含有されており、これらの含有元素を有効活用できることを踏まえ、現在一般的に製造されている高張力鋼と同等以上の品質を目指して、電炉において高張力鋼を試作製造し、必要な品質を満たしているかどうか検証するものです。

(4)本事業の概要

  •  鉄スクラップ150トン程度を原料とし、電気炉に投入する方法により鋼板を試作。
     この際、原料となる鉄スクラップの他金属の含有状況をあらかじめ調査。
  •  試作する鋼板の厚みは、自動車の車体で使用される薄鋼板と同等のものとし、かつ、張力特性は現在自動車の車体で実用化されている構造用高張力鋼板である590MPa級DP(Dual Phase)鋼板の引張り強さ(TS)と全伸び(EL)積(TS×EL)と同等以上とすることを目標として設定。
  •  試作した鋼板が、必要な品質を満たしているかどうかについて、耐食性評価(湿潤-塩水噴霧-乾燥の繰り返しによる腐食環境を再現した試験装置内に試作した鋼板を置き、鋼板表面の錆発生状況を観察する。)、溶接性評価(スポット溶接(鋼板を2枚重ねて電極ではさみ点溶接)した試作鋼板を試験片として、溶接面に対して垂直・平行に引張試験を行い溶接部の強さを調べる。)等を行い確認。
  •  検証の結果から、鉄スクラップ由来の鋼板が自動車原料として利用されるために必要な品質を満たすために必要な事項等を公表。

※ 事業請負者 東京製鐵株式会社(公募により選定)
※※ 事業実施期間 平成24年度 
※※※ 具体的な目標水準は添付資料参照

添付資料

連絡先
環境省大臣官房廃棄物・リサイクル対策部企画課リサイクル推進室
直通   :03−5521−8336
代表   :03−3581−3351
室長   :永島 徹也(内線6831)
室長補佐:御厩敷(おんまやしき) 寛(内線6807)
担当   :佐藤 直己(内線6819)

Adobe Readerのダウンロード

PDF形式のファイルをご覧いただくためには、Adobe Readerが必要です。Adobe Reader(無償)をダウンロードしてご利用ください。

ページ先頭へ