報道発表資料

平成24年12月3日
廃棄物
この記事を印刷

「第8回エコプロダクツ国際展」における環境省ジャパンパビリオンへの出展企業の募集について(お知らせ)

 環境省では、平成23年度より、我が国静脈産業が海外において事業展開することを支援し、世界規模で環境負荷の低減を実現するとともに、我が国経済の活性化につなげるため、「日系静脈産業メジャーの育成・海外展開促進事業」を実施しています。
 この事業の一環として、シンガポールで開催される「第8回エコプロダクツ国際展」において、日本の静脈産業全体や日本企業のもつ廃棄物処理・リサイクル技術をアピールすることを目的としたジャパンパビリオンを設け、企業の出展支援を行いますので、出展企業を募集します。

 環境省は、「日系静脈産業メジャーの育成・海外展開促進事業」の一環として、日本の静脈産業と廃棄物処理・リサイクル技術を広くアピールすることを目的に、以下のとおり「第8回エコプロダクツ国際展」にジャパンパビリオンを設け、日系企業の出展をサポートします。さらに、ビジネスマッチングやセミナー等も開催し、効果的なビジネス展開のための機会を提供いたします。

1.第8回エコプロダクツ国際展の概要

(1)名称
第8回エコプロダクツ国際展(ECO-PRODUCTS INTERNATIONAL FAIR2013)
http://www.epif2013.com/
(2)会期
2013年3月14日(木)〜3月16日(土)
(3)場所
マリーナ・ベイ・サンズ シンガポール
(4)開催テーマ
ONE ENVIRONMENT, ONE FUTURE;Towards a Sustainable and Greener Asia
(5)主催者
国際機関APO(アジア生産性機構)(APO:Asian Productivity Organization)、シンガポール廃棄物管理リサイクル協会(WMRAS:Waste Management& Recycling Association of Singapore)

2.第8回エコプロダクツ国際展 環境省ジャパンパビリオンへの出展企業の募集について

(1)主な出展分野
廃棄物の収集・運搬、中間処理、リサイクル、焼却、最終処分等に関わるサービスの提供、およびこれらのサービス提供に必要な施設建設、機器(システムを含む)販売、調査・計画・コンサルティング等の事業並びにこれら事業に関する技術
(2)出展資格
会期中、会場で展示・商談を行うことが可能な日本企業および日本企業の代理店
(3)募集企業数
10社10小間 (お申し込み後、出展計画書に基づき選考を行う場合がございます。)
(4)費用負担
出展小間費用(1小間3m×3m分)および最低限の基本装飾費(壁面パネル、テーブル等)は、環境省が負担します。それ以外の費用については自己負担となります。
例)出品物・展示装飾にかかる経費(出展者が独自に必要とする備品等の設置・借上、撤去費等含む)、追加電気代(電気 配線費含む)、出展者が独自に手配する自社専用のアテンダント、商談通訳等、各種保険(盗難保険料、会場貨物保険、第三者賠償保険等)、渡航に関わる費用(旅費、宿泊費、食費等)
(5)応募について
下記のウェブサイトにて出展のご案内をご確認下さい。その上で、出展申込書をダウンロードしていただき、メールにて運営事務局までお申し込みください。
https://www.secure-net.jp/epif2013/

※出展申込締め切り: 平成24年12月14日(金)
※申込み及び問い合わせ先
第8回エコプロダクツ国際展 環境省ジャパンパビリオン運営事務局
 株式会社JTBコミュニケーションズ イベントコミュニケーション局
 担当:浄閑(じょうかん)・荒谷(あらたに)
 〒530-0001 大阪市北区梅田3-3-10 梅田ダイビル4階
 TEL:06-6348-1676  FAX:06-6348-1375
 運営事務局Email:epif2013moe@jtbcom.com

連絡先
環境省大臣官房廃棄物・リサイクル対策部企画課循環型社会推進室
直通   :03−5521−8336
代表   :03−5521−8336
室長   :永島 徹也(内線 6898)
室長補佐:外山 洋一(内線 6814)
係長   :大東 淳 (内線 6819)
担当   :市川 琢己(内線 6819)

ページ先頭へ