報道発表資料

平成24年11月30日
水・土壌
この記事を印刷

「環境基本法の改正を踏まえた放射性物質の適用除外規定に係る環境法令の整備について」(中央環境審議会意見具申)について(お知らせ)

 環境基本法の改正を踏まえた放射性物質の適用除外規定に係る環境法令の整備について、本日、中央環境審議会から環境大臣に対し意見具申がなされました。 環境省では、本意見具申を踏まえ、今後、法案の提出を含めた必要な措置について検討してまいります。

 平成24年11月19日(月)に開催された中央環境審議会総会において、個別の環境法令において放射性物質の適用を除外する規定(適用除外規定)に係る環境法令の整備に関する意見具申案について議論が行われ、本日、中央環境審議会から環境大臣に対し意見具申がなされました。
 環境省では、本意見具申を踏まえ、今後、法案の提出を含めた必要な措置について検討してまいります。

添付資料

連絡先
環境省水・大気環境局総務課
代表    03-3581-3351
直通    03-5521-8289
課長    加藤 庸之(内線6510)
課長補佐 黒部 一隆(内線6514)
担当    九反田悠妃(内線6581)

Adobe Readerのダウンロード

PDF形式のファイルをご覧いただくためには、Adobe Readerが必要です。Adobe Reader(無償)をダウンロードしてご利用ください。

ページ先頭へ