報道発表資料

平成24年11月22日
地球環境
この記事を印刷

平成24年度カーボン・ニュートラル認証モデル事業の採択結果(第4次募集分)について(お知らせ)

  • 環境省は、平成23年度に開催された「カーボン・ニュートラル等によるオフセット活性化検討会」で活性化方策の一つとして提言されたカーボン・オフセット認証主体の多様化を契機に、それぞれ別の体制で実施していた「カーボン・ニュートラル認証制度」と「カーボン・オフセット認証制度」を1つの制度として統合した「カーボン・オフセット制度」を創設しました。
  • カーボン・ニュートラル認証の取得を目指す事業者を支援するためのモデル事業について、10月9日(火)より11月2日(金) までに応募のあった案件の中から、1件を採択しましたのでお知らせいたします。

1.採択結果

 本モデル事業の公募期間(10月9日〜11月2日)内に応募のあった案件について、審査を行った結果、以下の1件の案件を採択することに決定いたしました。

申請者名(申請区分)事業概要
一般社団法人
未踏科学技術協会
(計画登録)
学術的研究会や学会等の事務局を数多く務めている未踏科学技術協会では、温室効果ガス削減への取組として、事務所で使用する電気・紙・水道の使用に伴うCO2排出量及び事務所外で実施される会議・イベントに伴うCO2排出量について、その排出量を把握して削減努力をするとともに、削減が困難な部分についてオフセット・クレジットによるカーボン・ニュートラルに取り組む。また、本事業を研究会や学会等の温室効果ガス削減への取組の先進事例として、積極的に発信を行う。
計画登録:カーボン・ニュートラル認証に至るまでの手続が、計画期間内に完了する計画(体制)が適切であることを確認し、登録するもの。
認証:申請者の対象期間における取組が、カーボン・ニュートラルを実現していることを認証するもの。

2.支援内容

採択された事業者に対して、650万円(税抜)/件を上限に下記の業務費用を支援します。

(1)
カーボン・ニュートラルの企画立案・審査書類作成
(2)
温室効果ガス排出量算定
(3)
検証費用
(4)
情報提供ツール作成 (プレスリリース、WEBサイト、CSR報告書等でのニュートラル事例紹介)

3.資料

資料1:事業概要紹介(一般社団法人未踏科学技術協会)

4.参考

 カーボン・ニュートラル及びカーボン・オフセットに関する情報については、以下のホームページに掲載しています。

○環境省
http://www.env.go.jp/earth/ondanka/mechanism/carbon_offset.html
○カーボン・オフセット制度(事務局:気候変動対策認証センター)
http://www.jcs.go.jp/index.html
○オフセット・クレジット(J-VER)制度(事務局:気候変動対策認証センター)
http://www.j-ver.go.jp/
○カーボン・オフセットフォーラム(J-COF)
http://www.j-cof.go.jp/index.html
○カーボン・オフセット推進ネットワーク(CO-Net)
http://www.carbonoffset-network.jp/

添付資料

連絡先
環境省地球環境局地球温暖化対策課市場メカニズム室
代表:03-3581-3351 直通:03-5521-8246
室長   :奥山 祐矢(内線6711)
室長補佐:三好 一樹(内線6785)
担当   :金本 和也(内線6769)

Adobe Readerのダウンロード

PDF形式のファイルをご覧いただくためには、Adobe Readerが必要です。Adobe Reader(無償)をダウンロードしてご利用ください。

ページ先頭へ