報道発表資料

平成24年11月22日
地球環境
この記事を印刷

平成24年度地方発カーボン・オフセット認証取得支援の採択結果(第3次募集分)について(お知らせ)

  • 環境省では、平成23年度に開催された「カーボン・ニュートラル等によるオフセット活性化検討会」で活性化方策の一つとして提言されたカーボン・オフセット認証主体の多様化を契機に、それぞれ別の体制で実施していた「カーボン・ニュートラル認証制度」と「カーボン・オフセット認証制度」を1つの制度として統合することとしました。
  • 今年度は、統合した新たな制度となる「カーボン・オフセット制度」の普及啓発と、主に地方都市における適切なカーボン・オフセットの取組の更なる普及促進を図ることを目的とし、地方発カーボン・オフセット認証取得支援事業を募集いたしました。
  • 先般ご案内した地方発カーボン・オフセット認証取得支援事業について、9月27日(木)より11月2日(金)までに応募のあった案件の中から5件を採択しましたので、お知らせいたします。

1.採択結果

申請者名概要
株式会社環境思考
【三重県】
三重県内で展開中の「森のエコステーション」において、消費者がエコステーションに資源物を持ち込む際の車の移動と、回収業者のエコステーションから工場までの運搬に伴うCO2排 出量を、ポイントシステムを利用して三重県大台町のオフセット・クレジット(J-VER)を使用してオフセットする取組。
業界で初めて、資源の有効活用を図り「お客様参加型リサイクル」で森林を持続的に保全する取組を行うとともに、消費者へのカーボン・オフセットの普及促進を図る。
企業組合県木住
【青森県】
一般住宅(青森県産材100%木造住宅)建設に伴うCO2排出量(燃料(移動含む)、電気、水道、廃棄物処理等に伴う)を、施工会社「企業組合県木住」が青森県県有林で創出されたJ-VERでカーボン・オフセットをする取組。
地産地消型のカーボン・オフセットを継続的に行うことで、青森県の森林保全と、建設業界、住宅取得者にも認知拡大を目指す。
株式会社シグマサウンズスタジオ
【愛知県】
ヒップホップグループ「nobodyknows+」が2012年12月28日に開催するワンマンライブで、カーボン・オフセットを広める活動を発信する。
ライブに参加する運営者・来場者の移動、イベント会場の電力使用等のCO2排出量を中部地域のJ-VERを使ってオフセットし、音楽を通して環境配慮の取組を広げ、カーボン・オフセットの普及啓発を目指す。
ツタイ工業株式会社
【愛知県】
廃プラスチックを利用した製品「ハイステップ・コーナー」とグリーン購入法適合商品「エコSTブロック」を製造するときのCO2排出量を、中部地方のJ-VERを使用してカーボン・オフセットする取組。
環境に配慮した製品ではあるが、さらに踏み込んで製造工程のCO2排出量をオフセットする。この取組を通して、中部地方の森林保全とカーボン・オフセットの知名度の向上に寄与する。
ブランシュたかやまスキーリゾート
(株式会社長和町振興公社)
【長野県】
平成24年12月8日からオープンするスキー場において、カーボン・オフセットの実務的な学習を含めたエコ教室を、来場者を対象に開催する。
プログラム参加予定者(5,000名を想定)の方の自宅から施設までの移動に伴うCO2排出量の一部(4kg-CO2)を、地元長野地域のJ-VERを使ってオフセットし、スキー場の温暖化対策としての環境配慮の取組を広げ、カーボン・オフセットの普及啓発を目指す。

2.資料

 平成24年度地方発カーボン・オフセット認証取得支援事業の第3次採択事業の概要

資料1-1:
株式会社環境思考
資料1-2:
企業組合県木住
資料1-3:
株式会社シグマサウンズスタジオ
資料1-4:
ツタイ工業株式会社
資料1-5:
ブランシュたかやまスキーリゾート(株式会社長和町振興公社)

3.参考

 カーボン・オフセットに関する情報については、以下のホームページに掲載しています。

環境省
http://www.env.go.jp/earth/ondanka/mechanism/carbon_offset.html
カーボン・オフセット制度(事務局:気候変動対策認証センター)
http://www.jcs.go.jp/index.html
オフセット・クレジット(J-VER)制度(事務局:気候変動対策認証センター)
http://www.j-ver.go.jp/
カーボン・オフセットフォーラム(J-COF)
http://www.j-cof.go.jp/
カーボン・オフセット推進ネットワーク(CO-Net)
http://www.carbonoffset-network.jp/

添付資料

連絡先
環境省地球環境局地球温暖化対策課市場メカニズム室
代表:03-3581-3351 直通:03-5521-8246
室長   :奥山 祐矢(内線6711)
室長補佐:三好 一樹(内線6785)
担当   :金本 和也(内線6769)

Adobe Readerのダウンロード

PDF形式のファイルをご覧いただくためには、Adobe Readerが必要です。Adobe Reader(無償)をダウンロードしてご利用ください。

ページ先頭へ