報道発表資料

平成24年11月15日
自然環境
この記事を印刷

国連生物多様性の10年日本委員会(UNDB-J)生物多様性地域セミナー in 倉敷の開催について(お知らせ)

 国連生物多様性の10年日本委員会(UNDB-J)と環境省は、12月15日(土)に倉敷市において、主として市民、企業、NPO/NGO及び自治体の方々を対象に、「生物多様性地域セミナー」を開催します。
 UNDB-Jキャラクター「タヨちゃんサトくん」とくらしき環境キャラクター「くらいふ」による「生物多様性キャラクター応援団共同宣言式」、イルカさんの「生物多様性リーダー任命式」と講演のほか、愛知目標の達成に向けた地域での活動事例等の発表を行います。
 また、生物多様性の主流化に向けた今後の取組について、参加者同士が意見交換を行うワークショップを実施します。
 今後、年度内に浜松市(2月24日)においても「生物多様性地域セミナー」の開催を予定しています。

1.日時

平成24年12月15日(土)13:00〜16:00(開場12:30)

2.会場

水島愛あいサロン(環境交流スクエア)コミュニティフロア
(倉敷市水島東千鳥町1−50 東棟1F)

3.主催等

主催:国連生物多様性の10年日本委員会(UNDB-J)、環境省
共催:倉敷市、生物多様性自治体ネットワーク

4.対象者

主として中国四国地域の市民、企業、NPO/NGO及び自治体

5.内容

  • UNDB-Jキャラクター「タヨちゃんサトくん」とくらしき環境キャラクター「くらいふ」が登場して、今後協力して生物多様性に関する普及啓発に取り組むための「生物多様性キャラクター応援団共同宣言式」を行います。
  • 地球いきもの応援団の一人であるイルカさんを、愛知目標の達成に向け、国民一人ひとりが生物多様性の大切さを理解して行動に移せるように先導する「生物多様性リーダー」として任命します。

【プログラム】(予定)

(1)開会挨拶 13:00〜13:15
  • 環境省
  • UNDB-J委員・一般社団法人CEPAジャパン代表 川廷昌弘 氏
  • 倉敷市 環境リサイクル局 環境政策部長 國枝稔 氏
(2)式典 13:15〜13:25
○生物多様性キャラクター応援団共同宣言式

UNDB-J「タヨちゃんサトくん」、倉敷市「くらいふ」

UNDB-J「タヨちゃんサトくん」、倉敷市「くらいふ」UNDB-J「タヨちゃんサトくん」、倉敷市「くらいふ」

UNDB-J「タヨちゃんサトくん」、倉敷市「くらいふ」

○生物多様性リーダー任命式

イルカさん(地球いきもの応援団、IUCN国際自然保護連合 親善大使)

(3)講演 13:25〜13:45
○まあるい地球の仲間たち

イルカさん(地球いきもの応援団、IUCN国際自然保護連合 親善大使)

(4)発表[1] 13:45〜14:05
○UNDB-Jの活動状況と生物多様性をめぐる最近の話題

環境省 生物多様性施策推進室

(5)発表[2] 地域での活動事例の発表 14:05〜14:50
○トンボの里プロジェクト【UNDB-J認定連携事業】

真庭・トンボの森づくり推進協議会 事務局
真庭市 市民環境部環境課 主任 金田保志 氏

○里海づくりと生物多様性

海洋建設株式会社 代表取締役社長 片山真基 氏

○野生動物を対象にした生徒の課題研究から環境問題を考える

ノートルダム清心学園 清心女子高等学校 教諭
慶応義塾大学 自然科学研究教育センター 共同研究員 秋山繁治 氏

(6)休憩 14:50〜15:00
(7)ワークショップ 15:00〜16:00

テーマ:生物多様性を意識し、行動につなげていくため、私たちができること

6.定員、参加料

80名程度、無料

7.参加申込方法について

下記ウェブサイトより平成24年12月7日(金)までに申し込みください。
UNDB-J地域セミナー参加受付 http://undb.jp/event/1212_seminar-kurashiki.html
※定員になり次第ウェブサイトによる受付を終了しますので、ご注意ください。

8.問い合わせ・取材申込先

問い合わせ、または取材を希望される場合は、下記まで電話又はメールにてお問い合わせください。
 国連生物多様性の10年日本委員会事務局(島田宛)
電話:03-5468-8405  E-mail:info@undb.jp

参考

「国連生物多様性の10年日本委員会」(UNDB-J)について

2011年から2020年までの10年間は、国連の定めた「国連生物多様性の10年」です。生物多様性条約第10回締約国会議(2010.10愛知県名古屋市)で採択された、新たな世界目標である「愛知目標」の達成に貢献するため、国際社会のあらゆるセクターが連携して生物多様性の問題に取り組むこととされています。
 これを受け、愛知目標の達成を目指し、国内のあらゆるセクターの参画と連携を促進し、生物多様性の保全と持続可能な利用に関する取り組みを推進するため、「国連生物多様性の10年日本委員会」(UNDB-J)が2011年9月に設立されました。
(ウェブサイト)http://undb.jp/

生物多様性キャラクター応援団

国民一人ひとりに生物多様性に対する認知や理解を広げ、国民運動として生物多様性に関する取り組みを促進するため、2012年9月、UNDB-Jの広報組織として「生物多様性キャラクター応援団」を旗揚げしました。広く様々なキャラクターからの入団申請を募集中です。生物多様性全国ミーティングや生物多様性地域セミナー等における「生物多様性キャラクター応援団共同宣言式」の実施、様々なイベントやウェブサイト、生物多様性マガジン「Iki・Tomo(イキトモ)」での情報発信など、積極的な広報活動を行います。
(ウェブサイト)http://undb.jp/public/index.html

連携事業の認定について

UNDB-Jでは、各セクターの参加と連携を促進するため、「にじゅうまるプロジェクト」の登録事業等の中からUNDB-Jが推奨する連携事業を認定することとしています。
認定連携事業については、UNDB-Jのロゴマークをご使用いただけるとともに、UNDB-Jとしても生物多様性全国ミーティングや生物多様性地域セミナー等において紹介するなど、積極的な広報活動を展開します。
(ウェブサイト)http://undb.jp/activity/accredited.html

添付資料

連絡先
環境省自然環境局自然環境計画課生物多様性施策推進室
代表   :03-3581-3351
直通   :03-5521-8150
室長   :牛場 雅己  (内:6660)
室長補佐:山内 洋志  (内:6662)
担当   :山下 奈津子(内:6665)

Adobe Readerのダウンロード

PDF形式のファイルをご覧いただくためには、Adobe Readerが必要です。Adobe Reader(無償)をダウンロードしてご利用ください。

ページ先頭へ