報道発表資料

平成24年10月12日
地球環境
この記事を印刷

地球観測連携拠点(温暖化分野)平成24年度ワークショップ「太陽放射エネルギーの観測と利用」の開催について(お知らせ)

 地球観測連携拠点(温暖化分野)の事務局(地球温暖化観測推進事務局/環境省・気象庁)では、一般の方から研究者までを対象としたワークショップを開催します。
 温暖化の緩和策や適応策を推進するには、温暖化の実態やその影響を把握するなど、気候システムの理解が不可欠です。太陽からの放射エネルギーは、地表面におけるエネルギー収支等を通じて気候システムに深く関係しているとともに、太陽光発電等のエネルギー利用を通じて緩和策等に関係しています。今回のワークショップでは、気候システムの理解と再生可能エネルギー分野における観測データの活用の観点から、太陽放射エネルギーの観測の現状と課題について講演します。

1 期日
平成24年11月15日(木)13時〜17時
2 場所
千代田放送会館ホール(東京都千代田区紀尾井町1-1)
3 タイトル
「太陽放射エネルギーの観測と利用」
4 その他
参加につきましては、下記ホームページからお申し込みください。
(事前登録制、入場無料)
http://occco.nies.go.jp/121115ws/index.html

※詳細は、別紙のリーフレットをご覧ください。

(本件に関する問合せ先)
気象庁 地球環境・海洋部 地球環境業務課
電話03-3212-8341(内線5118)
環境省 地球環境局 総務課 研究調査室
電話03-3581-3351(内線6756)
(注)
地球観測連携拠点(温暖化分野):地球温暖化に関する統合的な観測を関係府省・機関の連携により推進するために気象庁と環境省が共同で平成18年度に設立。

添付資料

連絡先
環境省地球環境局総務課研究調査室
代表:03-3581-3351
直通:03-5521-8247
室長   :辻原 浩 (内:6730)
室長補佐:森 芳友 (内:6731)
担当   :後藤敦史(内:6756)

Adobe Readerのダウンロード

PDF形式のファイルをご覧いただくためには、Adobe Readerが必要です。Adobe Reader(無償)をダウンロードしてご利用ください。

ページ先頭へ