報道発表資料

平成24年10月11日
地球環境 総合政策
この記事を印刷

第13回日中韓環境教育シンポジウム及びワークショップについて(お知らせ)

 日中韓三カ国環境大臣会合(TEMM※1)の下で「環境共同体意識の向上」を図るために合意された共同プロジェクトの1つである環境教育ネットワーク (TEEN※2)を推進させるため、10月24日(水)、25日(木)に第13回となる環境教育に関する公開シンポジウム及び日中韓三カ国の環境教育専門家によるワークショップを開催します。

1.背景と目的

 平成12年2月、北京で開催された第2回日中韓三カ国環境大臣会合において、「環境共同体意識の向上」を図るための三カ国協力プロジェクトを形成、推進していくことが決定されました。これを受け、特に市民レベルの環境共同体意識の向上を具体化するプロジェクトとして、三カ国で「環境教育ネットワーク」を構築することが合意されました。本シンポジウム及びワークショップは、三カ国の環境教育専門家等により、日中韓の多様な主体による環境教育ネットワークを推進させることを検討し、さらに環境教育に関して意見を交換することを目的としています。
 今回のシンポジウムでは、テーマを「持続可能な開発のための教育(ESD)最新動向」として、日中韓の環境教育の専門家が各国におけるESDの取組について発表を行い、その後、特別講演として宮城教育大学見上学長による特別講演が行われます。

2.主催

環境省(協力:仙台広域圏ESD・RCE運営委員会、宮城教育大学)

3.場所

宮城県仙台市 『仙台ガーデンパレス 2階「鳳凰」』
(仙台市宮城野区榴岡四丁目1番5号)

4.議事概要

別添参照

5.会議形態

シンポジウムは一般公開されます(ワークショップは非公開)。参加費は無料です。

*本公開シンポジウムに関するお申し込み、お問い合わせ先
公益社団法人日本環境教育フォーラム(金久保・垂水)
ウェブサイト:
http://www.jeef.or.jp/TEEN/index.html
電子メール:
teen@jeef.or.jp
TEL:
03-3350-6770 FAX:03-3350-7818
※1 TEMM:
Tripartite Environment Ministers Meeting
※2 TEEN:
Tripartite Environmental Education Network

添付資料

連絡先
環境省地球環境局国際連携課国際協力室
代表:03-3581-3351
直通:03-5521-8248
室長   :川又 孝太郎(内線:6765)
室長補佐:西前 晶子  (内線:6761)
担当   :大塚 華   (内線:6764)

環境省総合環境政策局環境教育推進室
代表:03-3581-3351
直通:03-5521-8231
室長   :宮澤 俊輔  (内線:6240)
担当   :渡辺 裕信  (内線:6272)

Adobe Readerのダウンロード

PDF形式のファイルをご覧いただくためには、Adobe Readerが必要です。Adobe Reader(無償)をダウンロードしてご利用ください。

ページ先頭へ