報道発表資料

平成24年9月24日
自然環境
この記事を印刷

国連生物多様性の10年日本委員会(UNDB-J)連携事業の認定(第1弾)について

 「国連生物多様性の10年日本委員会(UNDB-J)」(委員長:一般社団法人 日本経済団体連合会 米倉会長)では、愛知目標の達成に向けた各セクターの参加と連携を促進するため、「にじゅうまるプロジェクト」の登録事業等の中からUNDB-Jが推奨する連携事業を認定することとしており、今般、第1弾として10の連携事業の認定を決定しました。
 認定連携事業については、UNDB-Jのロゴマークをご使用いただけるとともに、UNDB-Jとしても生物多様性全国ミーティングや生物多様性地域セミナー等において紹介するなど、積極的な広報活動を行ってまいります。

1.認定連携事業(第1弾)

地域 事業名 団体名
全国 田んぼの生物多様性向上10年プロジェクト ラムサール・ネットワーク日本
全国 生物多様性の道プロジェクト 公益財団法人日本自然保護協会
全国 Earthwatchにじゅうまるプロジェクト
市民参加型生物多様性調査による環境リテラシーの普及
アースウォッチ・ジャパン
全国 Web約款で日本の自然を守ろう!
SAVE JAPAN プロジェクト
株式会社損害保険ジャパン
全国 ウミガメ類の生態調査・生息環境保全プロジェクト 日本ウミガメ協議会
東北 海と田んぼからのグリーン復興プロジェクト 海と田んぼからのグリーン復興プロジェクト
中部 味わって知る 私たちの海 伊勢・三河湾流域ネットワーク
近畿 御所実業高校農業クラブ School Gene Farm Project 奈良県立御所実業高等学校農業クラブ
四国 徳島での生物多様性地域戦略の策定に関するプロジェクト 生物多様性とくしま会議
中国 トンボの里プロジェクト 真庭・トンボの森づくり推進協議会

※各事業の概要や認定のポイントについては別添資料をご覧ください

2.認定の基準

 「にじゅうまるプロジェクト」の登録事業等から、「多様な主体の連携」、「取組の重要性」、「取組の広報の効果」などの観点から総合的に判断し、UNDB-Jが推奨する事業を認定します。

「多様な主体の連携」とは(例)
  • 複数のセクターが連携している
  • 国、自治体、NPO、事業者、教育機関など、多岐にわたるセクターが連携している
  • 活動が複数の都道府県にまたがるなど広域性がある
「取組の重要性」とは(例)
  • 生物多様性の保全及び持続可能な利用に対して具体的な効果が期待される
  • 関連する活動の推進を支援する効果が期待される(他の活動への支援や表彰等)
  • 事業を継続実施できる仕組みが整備されている(事業者の事業活動に組み込まれている等)
「取組の広報の効果」とは(例)
  • 参加者や支援者の増加により事業効果のさらなる向上が期待される
  • 他の地域でも同様の活動が行われるようになることが期待される
  • 活動に先進性があり、新たな取り組みを誘発する波及効果が期待される

3.ロゴマークの使用

 認定連携事業については、UNDB-Jのロゴマークの近くに補足表示を行うことによりロゴマークをご使用いただくことができます。

ロゴマーク

この事業は「国連生物多様性の10年日本委員会(UNDB-J)」が推奨する事業として認定を受けています。

4.認定連携事業の広報等

 UNDB-Jのウェブサイトや、UNDB-Jが実施する生物多様性全国ミーティング、生物多様性地域セミナー等において紹介するなど、積極的な広報を行ってまいります。

全国ミーティング:
11月3日に横浜市で開催
地域セミナー:
名古屋市(9月29日)、福岡市(11月17日)、倉敷市(12月15日)、浜松市(2月24日)で開催
9月29日に名古屋市で開催する地域セミナーにおいては、「伊勢・三河湾流域ネットワーク」から「味わって知る 私たちの海」についてご紹介いただきます。プログラム等は9月7日の環境省記者発表資料をご覧ください。その他のセミナー等については詳細が決まり次第お知らせします。

認定連携事業の詳細はUNDB-Jのウェブサイトをご覧ください。
 http://undb.jp/activity/accredited.html

参考

「国連生物多様性の10年日本委員会」(UNDB-J)について
 2011年から2020年までの10年間は、国連の定めた「国連生物多様性の10年」です。生物多様性条約第10回締約国会議(2010.10愛知県名古屋市)で採択された、新たな世界目標である「愛知目標」の達成に貢献するため、国際社会のあらゆるセクターが連携して生物多様性の問題に取り組むこととされています。
 これを受け、「愛知目標」の達成を目指し、国内のあらゆるセクターの参画と連携を促進し、生物多様性の保全と持続可能な利用に関する取り組みを推進するため、「国連生物多様性の10年日本委員会」(UNDB-J)が昨年9月に設立されました。
(ウェブサイト)http://undb.jp/
「にじゅうまるプロジェクト」について
 国際自然保護連合日本委員会(IUCN-J)では、「愛知目標」の20の個別目標達成に貢献するため、自分達の団体ができるプロジェクトを宣言して行動する「にじゅうまるプロジェクト」を実施しています。
(ウェブサイト)http://bd20.jp/

「にじゅうまるプロジェクト」について

添付資料

連絡先
環境省自然環境局自然環境計画課生物多様性施策推進室
代表   :03-3581-3351
直通   :03-5521-8150
室長   :牛場 雅己 (内:6660)
室長補佐:山内 洋志 (内:6662)
担当   :尾上 圭   (内:6664)

Adobe Readerのダウンロード

PDF形式のファイルをご覧いただくためには、Adobe Readerが必要です。Adobe Reader(無償)をダウンロードしてご利用ください。

ページ先頭へ