報道発表資料

平成24年8月30日
保健対策
この記事を印刷

有機顔料中に副生するポリ塩化ビフェニルの有無等に関する第二次実態調査結果をまとめました(お知らせ)

 環境省、厚生労働省及び経済産業省は、有機顔料中に副生するポリ塩化ビフェニル(PCB)の有無に関する実態調査を行いました。そのうち、23種の有機顔料については既に調査結果を公表したところですが、今回、それ以外の有機顔料についての結果を取りまとめましたので結果を公表いたします。
 報告事業者54社より、第一次実態調査では23種の有機顔料について、第二次実態調査では23種以外の有機顔料97種、両調査合計120種、553品目の報告がありました。
 なお、第二次実態調査によると、50ppm超のPCBを含有し、製造・輸入及び出荷の停止と回収を新たに要請する対象はありませんでした。

1.経緯

 本年2月に化成品工業協会(化成協)から一部の有機顔料中に非意図的に副生したPCBが微量含有するという報告を受け、PCBを含有する可能性のある有機顔料を製造又は輸入しようとしている事業者に対し、PCBの有無等について分析し、環境省、厚生労働省及び経済産業省(以下3省)へ報告するように要請しました。
 そのうち、本年2月の化成協からの報告において0.5ppm超のPCBが検出されたと報告のあった有機顔料(23種)については、本年5月28日にその時点での結果を取りまとめ公表しました(第一次実態調査)。
 また、23種以外の有機顔料(97種)についても、同様の実態調査(第二次実態調査)を行い、今回、全調査対象有機顔料の結果を取りまとめましたので、公表します。

2.調査結果について

 報告事業者数は54社、報告品目数は553品目でした(既に発表した分を含む)。
なお、今回新たに50ppm超のPCBを含有する品目の報告はありませんでした。

   (表)有機顔料中のPCB含有量に係る調査結果のまとめ
PCB濃度
(ppm)
0.5以下0.5超〜11〜55〜1010〜1515〜2020〜2525〜5050超合計
品目数第一次実態調査
(23種)
58 25 50 16 6 4 9 9 7 184
第二次実態調査
(23種以外)
320 23 15 4 3 1 2 1 0 369
合計 378 48 65 20 9 5 11 10 7 553
(注1)
国際条約(残留性有機汚染物質に関するストックホルム条約)において流通させるべきでないとされている50ppmを超える品目については、既に製造・輸入及び出荷の停止と回収を要請済み。 ただし、有機顔料中に副生するPCBの工業技術的・経済的に低減が可能なレベル及び追加的な措置の必要性に関して、現在、厚生労働省、経済産業省及び環境省において、実態調査、PCBによる人の健康へのリスク、有機顔料の合成技術、海外規制動向等の観点を踏まえて、検討を行っており、今後、引き下げられる可能性があります。
(注2)
新たな分析の結果、検出値を修正・追加したものを含む。
(注3)
検出下限値は事業者によって異なるため、不検出の場合は検出下限値を該当する濃度区分に割り振って集計した。(例:検出下限値が5ppmで不検出の場合、5ppmと見なして集計。)
別紙1:
「副生ポリ塩化ビフェニルを含有する有機顔料の製造・輸入等について(行政指導)」平成24年2月13日付け局長通知
別紙2:
「副生するPCB含有量が50ppmを超えることが判明した有機顔料について」
別紙3:
有機顔料中に副生するPCBに係るこれまでの対応
参考資料1:
有機顔料中に副生するポリ塩化ビフェニルの有無等に関する第一次実態調査
結果をまとめました(5月28日付報道発表資料)
http://www.env.go.jp/press/15279.html

添付資料

連絡先
環境省総合環境政策局環境保健部環境保健企画管理課企画課化学物質審査室
直通:03−5521−8253
代表:03−3581−3351
室長    瀬川 恵子(内線6309)
室長補佐 小岩 真之(内線6324)
担当    笠間 識史(内線6314)

Adobe Readerのダウンロード

PDF形式のファイルをご覧いただくためには、Adobe Readerが必要です。Adobe Reader(無償)をダウンロードしてご利用ください。

ページ先頭へ