報道発表資料

平成24年7月17日
地球環境
この記事を印刷

アジアにおける温室効果ガスインベントリ整備に関するワークショップ 第10回会合(WGIA10)の結果について(お知らせ)

 環境省と国立環境研究所は、ベトナム天然資源環境省とともに、アジア地域の協力関係を促進し、地域諸国の温室効果ガスインベントリの精度を向上させることを目的とし、7月10日(火)〜12日(木)に「アジアにおける温室効果ガスインベントリ整備に関するワークショップ第10回会合(10th Workshop on Greenhouse Gas Inventories in Asia(WGIA10))」をベトナム・ハノイにて開催しました。本会合では、日本を含むメンバー国14カ国の政府関係者、研究者及び国際機関(総計130名)の参加がありました。WGIA10の概要は別紙のとおりです。(本会合は非公開で行われました。)

添付資料
・アジアにおける温室効果ガスインベントリ整備に関するワークショップ第10回会合(WGIA10)の結果について

添付資料

連絡先
環境省地球環境局総務課低炭素社会推進室
(代表:03-3581-3351)
(直通:03-5521-8244)
室長    土居健太郎 (内線6950)
室長補佐 加藤 聖   (内線6738)
係長    須賀義徳   (内線6768)
担当    小田信介   (内線6778)

独立行政法人国立環境研究所
地球環境研究センター
温室効果ガスインベントリオフィスマネージャー
野尻 幸宏 (029-850-2169)

Adobe Readerのダウンロード

PDF形式のファイルをご覧いただくためには、Adobe Readerが必要です。Adobe Reader(無償)をダウンロードしてご利用ください。

ページ先頭へ