報道発表資料

平成24年7月9日
地球環境
この記事を印刷

アジアにおける温室効果ガスインベントリ整備に関するワークショップ第10回会合(WGIA10)の開催について(お知らせ)

 環境省と国立環境研究所は、ベトナム天然資源環境省とともに、アジア地域の協力関係を促進し、地域諸国の温室効果ガスインベントリの精度向上させることを目的とし、7月10日(火)〜12日(木)に「アジアにおける温室効果ガスインベントリ整備に関するワークショップ第10 回会合( 10th Workshop on Greenhouse Gas Inventories in Asia(WGIA10)」をベトナム・ハノイにて開催します。(本会合は非公開で行われます。)

会合の概要

○日程:
7月10日(火)〜12日(木)
○場所:
ベトナム(ハノイ)
○主催者:
日本国環境省、(独)国立環境研究所、ベトナム天然資源環境省
○参加者:
カンボジア、中国、インド、インドネシア、韓国、ラオス、マレーシア、 モンゴル、ミャンマー、フィリピン、シンガポール、タイ、ベトナム各国の インベントリ関連の政府職員及び研究者等

今次会合の主な議題

 今次会合では、今年最新のインベントリを作成したインド及び韓国からその概要の説明を行った後、インベントリ作成のための最新のソフトウェアを用いた実習、アジア諸国にとって重要な農業・林業・その他土地利用分野について算定方法等の情報交換、インベントリやその算定根拠について二ヶ国間で詳細に学習する「相互学習」を行います。加えて、今回が第10回会合という節目であることから、これまでの活動を振り返り、今後の活動内容等を議論します。また、アジア諸国を援助する米国や豪州などからその支援状況の紹介を行います。

 過去のワークショップの詳細については、下記温室効果ガスインベントリオフィスのホームページをご覧ください。
 http://www-gio.nies.go.jp/wgia/wgiaindex-j.html

連絡先
環境省地球環境局総務課低炭素社会推進室
(代表:03-3581-3351)
(直通:03-5521-8244)
室長    土居健太郎 (内線6950)
室長補佐 加藤 聖   (内線6738)
係長    須賀義徳  (内線6768)
担当    小田信介  (内線6778)

ページ先頭へ