報道発表資料

平成24年7月3日
水・土壌
この記事を印刷

平成24年度「日本モデル環境対策技術等の国際展開」事業に係る第1回日尼共同政策研究ワーキンググループ会合の開催結果について(お知らせ)

 インドネシア環境省との二国間協力で実施している環境対策技術等の普及のための共同政策研究(モデル事業)について、インドネシア環境省環境技術・人材能力強化担当局(第7局)を始めとするモデル事業の参加機関と今後の詳細な実施計画を協議するため、6月19日(火)に第1回日尼共同政策研究ワーキンググループ会合を北スマトラ州環境局において開催しました。

1.経緯

 環境省では、平成21年度から「日本モデル環境対策技術等の国際展開」事業を実施しており、環境対策技術等を法制度整備、人材育成とパッケージにして、アジア諸国に普及・展開する方策を検討し、パッケージ施策を実現するための二国間協力事業を、中国、ベトナム及びインドネシアを対象として実施しています。
 このうちインドネシアでは、インドネシア環境省第7局との間で、平成23年から産業排水対策分野の事業を実施しており、昨年12月7日に政府間対話の場である「第4回日尼専門家会合」を開催し、環境対策技術等の普及のためのモデル事業を北スマトラ州ランカット県にある粗パーム油工場(PTPN II社)の工場排水管理を対象として実施することを、合意しました。
 今般、モデル事業の参加機関が平成24年度の具体的取組内容を協議するため、「日尼専門家会合」の下に設置する「日尼共同政策研究ワーキンググループ会合」の第1回会合を開催しました。

2.概要

(1)開催日時
平成24年6月19日(火)9:00〜18:30
(2)開催場所
北スマトラ州環境局(インドネシア・メダン市)
Jl. Tengku Daud No.5 Medan, North Sumatra, Indonesia
(3)主な出席者
(インドネシア側)
ダスルル・チャニアゴ 環境省環境技術・人材能力強化担当局(第7局)
標準化・環境技術及びクリーナープロダクション担当課長
ハリ・ワヒュディ 環境省第7局環境管理センター長
インドラ・ウタマ 北スマトラ州環境局法令遵守・コミュニケーション担当部門長
ヘルミンタ・スンビリング ランカット県環境局長
ほか、環境省、北スマトラ州環境局、ランカット県環境局、PTPN II社等の関係者
(日本側)
西本 俊幸 環境省 水・大気環境局 総務課 環境管理技術室長
ほか

3.会合結果

 インドネシア側より、モデル事業の参加機関であるPTPN II社、ランカット県環境局、北スマトラ州環境局及びインドネシア環境省環境管理センターがこれまでの取組を説明し、日本側専門家の助言を踏まえて、本年の事業として以下の内容について実施することを両国間で合意しました。また、ランカット県環境局及び北スマトラ州環境局の業務の参考となるよう、日本の地方自治体の環境対策の取組を紹介しました。

  • PTPN II社は、ランカット県、北スマトラ州とともに排水量、水質を継続的にモニタリングし、油水分離装置等の効果を確認する。その結果を踏まえ、日本側は環境対策技術の運用、環境管理等について改善を助言する。
  • 日本側が中心となって、PTPN II社、ランカット県、北スマトラ州等の環境管理に係る人材育成に資するミニセミナーを、9月に北スマトラ州メダン市で開催する。

写真

連絡先
環境省水・大気環境局総務課環境管理技術室
(直通:03-5521-8297)
(代表:03-3581-3351)
室長 :西本 俊幸(内線6550)
補佐 :大久保 敦(内線6551)
担当 :山本 享  (内線6554)

ページ先頭へ