報道発表資料

平成24年6月21日
地球環境
この記事を印刷

国連持続可能な開発会議(リオ+20)における「環境省イニシアティブ」の国連事務局への提出について(お知らせ)

1.
6 月20日(水)から開催されている国連持続可能な開発会議(リオ+20)において、「環境省イニシアティブ」を国連事務局に本日(現地時間20日(水))提出し、リオ+20のイニシアティブとして、同日、正式にリオ+20公式ホームページに掲載されました。
2.
「環境省イニシアティブ」は、リオで国際的に合意された成果文書を、日本国内及び国際社会において具体的に実施するための自主的な行動の集大成です。環境省は、2050年に温室効果ガスを80%削減する低炭素社会、3Rの推進による循環型社会、生物多様性の保全及び持続可能な利用を進め自然と調和する社会の実現を目指します。こうした持続可能な発展の実現手段として、経済のグリーン化を積極的に進めていきます。
3.
「環境省イニシアティブ」はリオ+20の成果文書が期待する取組の一部を成すものです。国連事務総長が、他のステークホルダーのイニシアティブとともに取りまとめて、ウェブサイトに掲載します。6月20日午前6時(現地時間6月19日午後6時)時点でのべ485のイニシアティブが提出されており、環境省は439番目の団体として提出しました。

<リンク先:リオ+20公式ホームページ>
http://www.uncsd2012.org/index.php?page=view&type=1006&menu=153&nr=439#deliverables

添付資料

連絡先
環境省地球環境局国際連携課
直通 03-5521-8243
代表 03-3581-3351
課長:塚本 直也(内:6760)
補佐:柴田 泰邦(内:6722)
担当:小島 脩平(内:6724)

Adobe Readerのダウンロード

PDF形式のファイルをご覧いただくためには、Adobe Readerが必要です。Adobe Reader(無償)をダウンロードしてご利用ください。

ページ先頭へ