報道発表資料

平成24年2月29日
自然環境
この記事を印刷

警戒区域内における被災ペット(犬及び猫)の保護活動の実施について(お知らせ)

 環境省と福島県は、関係団体等との協力を得ながら警戒区域内に取り残された犬及び猫の保護活動を行い、1月末までに犬407頭、猫228頭を保護しました。これまでの保護活動を踏まえ、3月1日から3月19日まで集中保護を実施するとともに、飼い主のわからない犬及び猫の譲渡や一時預かりを募集しますのでお知らせいたします。

1 集中保護活動の実施について

 警戒区域内の犬及び猫の集中保護に向けた捕獲手法等に関する検討会(2月24日に開催)の結果を参考に、捕獲器と誘引餌を用いて捕獲を実施します。実施にあたっては、全国の地方自治体からの協力を得て保護活動を行います。
(1)実施期間
1回目:平成24年3月1日(木)から3月5日(月)
2回目:平成24年3月8日(木)から3月12日(月)
3回目:平成24年3月15日(木)から3月19日(月)
(2)実施方法
 犬用捕獲器20台程度、猫用捕獲器100台程度を保護活動実施地域内に設置し、毎日、午前と夕方に見回り、捕獲器に犬または猫が入っていた場合は保護・回収し、福島県内のシェルター(動物飼養施設)等に収容します。

2 被災ペットの飼い主の方々へのお知らせ事項

 今回の集中保護では、放浪している犬及び猫を対象に捕獲器を使用して保護を行います。
 また、放浪している犬及び猫を保護することから、飼い主不明の個体が大部分を占めるため、福島県動物救護本部のホームページ等で1か月間の公示を行い、元の飼い主を探します。ペットを探している飼い主の方々は、下記のホームページをご確認ください。
【福島県動物救護本部HP:http://www.pref.fukushima.jp/eisei/saigai/kyuugoindex.htm

3 譲渡及び一時預かりボランティア(ホストファミリー)の募集について

 飼い主不明または所有権放棄された犬及び猫の新しい飼い主や、一時預かりボランティア(ホストファミリー)を募集しています。シェルターでの生活が長期化すると犬や猫にストレスとなることから、動物たちが家庭の中で安心して暮らせるよう、ご協力をお願いいたします。 募集の詳細は、下記のホームページをご覧ください。
【福島県動物救護本部HP:http://www.pref.fukushima.jp/eisei/saigai/kyuugoindex.htm
連絡先
環境省自然環境局総務課動物愛護管理室
代表   :03-3581-3351
室長   :西山 理行(内線6484)
室長補佐:大倉 弘二(内線6428)
担当   :岡部 佳容(内線6429)

ページ先頭へ