報道発表資料

平成24年2月10日
水・土壌 大気環境
この記事を印刷

米国エネルギー省主催除染等に関する日米ワークショップの開催について(お知らせ)

 環境省は、米国エネルギー省主催により2月13日〜15日に米国ワシントン州ハンフォードで開催される、除染等に関する日米ワークショップに出席します。(本ワークショップは非公開で行われます。)

1.背景・目的

 平成23年3月11日の東日本大震災に伴う福島第一原発の事故への対処に役立てるため、今般、米国ワシントン州ハンフォードにおいて、米国エネルギー省主催の除染等に関する日米ワークショップが開催されることになりました。最新の技術を用いた除染や、政策・計画等関連する事項に関し、経験や知見の共有を進めることを目的としたものです。

2.ワークショップの概要

(1)日程
平成24年2月13日(月)から15日(水)
(2)場所
米国ワシントン州ハンフォード
(3)主催者
米国エネルギー省
(4)参加者(予定)
米国エネルギー省、米国環境保護庁、日本政府の実務担当者及び専門家
(5)内容
○米国の除染・廃棄物処理に関する知見紹介
○日米の専門家の意見交換
○米国の除染等に関するサイト視察

 なお、ワークショップは非公開で行いますが、ワークショップ終了後、結果の概要を公表する予定です。

【参考】
米国ワシントン州ハンフォード:マンハッタン計画に基づきプルトニウム精製が行われた場所。現在精製は行われていないが、米国内最大の規模で核廃棄物や汚染土壌等の処理が進められている。
連絡先
環境省水・大気環境局
代表    :03-3581-3351
直通    :03-5521-8289
室長    :大村 卓 (内線6582)
室長    :関谷 毅史(内線6772)
課長補佐  :行木 美弥(内線6188)
係長    :黒田 景子(内線6560)

ページ先頭へ