報道発表資料

平成24年2月2日
地球環境
この記事を印刷

〜省エネ照明を使った魅力的な空間づくりの提案〜「省エネ・照明デザインアワード」の受賞者の決定について(お知らせ)

 環境省では、CO2排出量が1990年比で約4割増加している商業施設やオフィス等の業務部門のうち、その約2割を占める照明について、省エネ対策をより一層推進するため、優れた省エネ効果と高いデザイン性の両立を達成している施設を11月より募集した「省エネ・照明デザインアワード2011」のグランプリ及び優秀事例、審査員特別賞受賞施設が決定しましたので、下記のとおり、お知らせ致します。
 これらの施設は2月6日(月)に開催される「省エネ・照明デザインアワード」にて表彰、紹介いたします。
 なお、対象の施設は特設ホームページ(http://shoene-shomei2011.jp/)でも紹介しておりますので、ご参照下さい。

1.グランプリ及び優秀事例、審査委員特別賞受賞施設
○グランプリ受賞施設
[1]公共施設・総合施設部門
『高い省エネ性と用途毎に使い分けた照明設計 大規模複合テナントビルの革新例』
【施設名】飯野ビルディング
【所在地】東京都千代田区
【事業者】飯野海運株式会社
飯野ビルディング
[2]商業・宿泊施設部門
『自然の光をイメージし、優しく気持ちの良い環境の創造を図った大規模ショッピングエリア』
【施設名】二子玉川ライズ・ショッピングセンター
【所在地】東京都世田谷区
【事業者】東京急行電鉄株式会社、東急不動産株式会社
二子玉川ライズ・ショッピングセンター
[3]まち、地区、その他施設部門
『デザイン性と実用性を両立させた外構照明と居住空間のCO2の「見える化」を融合したエリアづくり』
【施設名】パークシティ柏の葉キャンパス二番街 コモン
【所在地】千葉県柏市
【事業者】三井不動産レジデンシャル株式会社
パークシティ柏の葉キャンパス二番街コモン
○優秀事例受賞施設(公共施設・総合施設部門)※50音順
[1]【施設名】アーバンネット入船ビル
【所在地】東京都中央区
【事業者】株式会社イトーキ
[2]【施設名】沖縄科学技術大学院大学 第1研究棟・管理棟
【所在地】沖縄県国頭郡
【事業者】沖縄科学技術大学院大学
[3]【施設名】神戸国際中学校・高等学校 河野記念アルモニホール
【所在地】兵庫県神戸市
【事業者】学校法人 睦学園
[4]【施設名】三番町KSビル
【所在地】東京都千代田区
【事業者】宏輝株式会社
[5]【施設名】JR博多シティ コンコース
【所在地】福岡県福岡市
【事業者】九州旅客鉄道株式会社
[6]【施設名】TODA BUILDING 青山
【所在地】東京都港区
【事業者】戸田建設株式会社
[7]【施設名】名古屋大学 工学研究科中央棟・素粒子宇宙研究棟
【所在地】愛知県名古屋市
【事業者】国立大学法人名古屋大学
○優秀事例受賞施設(商業・宿泊施設部門)※50音順
[1]【施設名】セブン-イレブン綾瀬深谷南1丁目店
【所在地】神奈川県綾瀬市
【事業者】株式会社セブン-イレブン・ジャパン
[2]【施設名】フレルさぎ沼
【所在地】神奈川県川崎市
【事業者】株式会社東急ストア
[3]【施設名】ドトールコーヒーショップ赤坂1丁目店
【所在地】東京都港区
【事業者】株式会社ドトールコーヒー
[4]【施設名】パレットタウンウエストモール ヴィーナスフォート
【所在地】東京都江東区
【事業者】森ビル株式会社
[5]【施設名】丸亀製麺 京都伏見店
【所在地】京都府京都市
【事業者】株式会社トリドール
○優秀事例受賞施設(まち、地区、その他部門)※50音順
[1]【施設名】名古屋大学東山キャンパス
【所在地】愛知県名古屋市
【事業者】国立大学法人名古屋大学
[2]【施設名】パークハウス千里中央
【所在地】大阪府豊中市
【事業者】三菱地所レジデンス株式会社
[3]【施設名】ライオンズ苦楽園グランフォート
【所在地】兵庫県西宮市
【事業者】株式会社 大京
○審査員特別賞受賞施設 ※50音順
[1]【施設名】宮城県石巻漁協表浜支所
【所在地】宮城県石巻市
【事業者】宮城県石巻漁協表浜支所
[2]【施設名】南三陸町 国道45号線ソーラーLED街路灯
被災地避難所他にポータブル・ソーラーLED 照明灯
【所在地】宮城県南三陸町
【事業者】SMCテック株式会社
2.省エネ・照明デザインアワード概要
【日時】 平成24年2月6日(月)13:00〜15:45(開場 12:30)
【会場】 日経ホール<定員600名>〔東京都千代田区大手町1−3−7〕
【プログラム】
12:30〜13:00 開場
13:00〜13:05 開会挨拶(環境省代表者)
13:05〜13:25 優秀事例発表
13:25〜13:35 グランプリ発表
13:35〜14:10
 基調講演「省エネ・照明デザインのあり方−東日本大震災を踏まえて」
石井幹子氏(石井幹子デザイン事務所代表/照明デザイナー)
14:10〜14:30 休憩
14:30〜15:45 パネルディスカッション
テーマ[1]「環境に配慮した照明空間の提案」
グランプリ受賞施設のデザイン性や省エネに配慮した照明空間の設計手法を解説。
テーマ[2]「社会が求めるこれからの省エネ・照明デザインとは」
東日本大震災により、我が国の経済社会は大きな影響を受けました。これにより、照明を取り巻く環境はどのように変化し、どのような要素が求められるようになったのでしょうか。省エネ・照明デザインの「これからのあり方」を提言します。
<パネラー>(五十音順)
・石井幹子氏(石井幹子デザイン事務所代表/照明デザイナー) 
・大谷義彦氏(元日本大学教授/工学博士)
・川上元美氏(カワカミデザインルーム代表/デザイナー)
・武内徹二氏(日本電球工業会専務理事/工学博士) 
<モデレーター>
・山倉礼士氏(月刊商店建築 編集長)
【入場料】 無料(事前登録制)
 申込みフォーム(https://shoene-shomei2011.jp/forum-submit.phpからお申し込みいただけます。※2月5日13時申込み締め切り
【取材】
取材を希望される方は、メールにてお申し込みください。下記アドレスに、[1]貴紙・誌・番組名、[2]貴社名、[3]部署名、[4]取材代表者名、[5]人数及びカメラの有無、[6]電話番号(できましたら、当日連絡可能な携帯番号)を記載の上送付願います。
※メールアドレス:info@shoene-shomei2011.jp
【主催】 環境省
【協力】 光文化フォーラム、社団法人日本照明器具工業会
連絡先
環境省地球環境局地球温暖化対策課国民生活対策室
(代表:03-3581-3351)
(直通:03-5521-8341)
室長(併任):室石泰弘  (内:6770)
係長:相澤和春      (内:6793)
担当:押田崇之      (内:6794)
    藤原祥子      (内:6763)

ページ先頭へ