報道発表資料

平成24年1月31日
地球環境
この記事を印刷

オフセット・クレジット(J-VER)制度を活用した復興支援に係る事業者支援の開始について(お知らせ)


 
環境省では、東日本大震災の被災地支援に係る支援事業として、オフセット・クレジット(J-VER)制度を活用した復興支援に係る事業者支援を開始します。

 
事業者支援の内容は以下の通りです。

  [1] 被災地で創出されたオフセット・クレジット(J-VER)及び都道府県J-VER(以下「被災地産J-VER等」という。)の創出に係る事業者支援

  [2] 被災地産J-VER等を活用したカーボン・オフセット認証取得に係る事業者支援

  [3] 被災地産J-VER等を活用したカーボン・ニュートラル認証取得に係る事業者支援

 
これらの事業は、第1次公募として、1月31日(火)より公募を開始します。

各事業の締切は以下の通りです。


[1] 被災地産J-VER等の創出に係る事業者支援

  第1次公募:2012年1月31日(火)〜2012年2月17日(金) 17:00まで
  第2次公募:2012年2月20日(月)〜2012年3月13日(火) 17:00まで

[2] 被災地産J-VER等を活用したカーボン・オフセット認証取得に係る事業者支援

  第1次公募:2012年1月31日(火)〜2012年2月29日(水) 17:00まで

[3] 被災地産J-VER等を活用したカーボン・ニュートラル認証取得に係る事業者支援

  第1次公募:2012年1月31日(火)〜2012年2月29日(水) 17:00まで



1.被災地産J-VER等の創出に係る事業者支援について

(1)事業者支援の内容

 被災地産J-VER等の創出に資する事業であって、以下に掲げるものについて、支援を実施します。

[1]プロジェクト計画書作成・妥当性確認支援 
 応募時点で策定済みの方法論(参考の気候変動対策認証センターHP参照)を活用した事業または新規方法論の策定に資する事業として採択が見込まれる事業者を対象とし、J-VER制度に基づく妥当性確認(バリデーション)まで終了見込みの事業について、プロジェクト計画書・モニタリングプラン作成指導、妥当性確認時の問い合わせへの対応、妥当性確認費用の負担(100万円を上限に全額)
[2]モニタリング実施・検証受検支援
 プロジェクトの登録を受けた事業者のうち、第三者検証を終える意思を有する事業者を対象に、モニタリングに係る経費の支援(100万円を上限に全額※)、モニタリング報告書作成にあたっての指導、検証機関情報の提供、検証時問い合わせへの対応、検証費用の負担(100万円を上限に全額)のほか、オフセット・クレジット(J-VER)の買い手情報の提供を行います。
 ※モニタリングに必要な設備、機材等の物品の購入費は支援の対象になりません。

(2)支援対象及び採択基準

 事業の目的及び下記の応募要件([1]〜[3])への適格性を確認し採択いたします。なお、採択結果に関する質問にはお答えいたしかねますので、予めご了承下さい。

[1]
東日本大震災に対処するための特別の財政援助及び助成に関する法律で定める特定被災地方公共団体※で事業を実施すること。
※特定被災地方公共団体一覧
リンク http://www.bousai.go.jp/2011jyosei/sikuchyouson.pdf
[2]
J-VER制度のプロジェクトとして適当であること(方法論等のJ-VER制度文書との適合性が確認できること)。もしくは、方法論が用意されていない事業の場合、新規方法論の策定可能性があること。
[3]
事業実施スケジュールが実現可能なものであること。

(3)公募期間等

第1次公募:2012年1月31日(火)〜2012年2月17日(金) 17:00まで
第2次公募:2012年2月20日(月)〜2012年3月13日(火) 17:00まで

(4)応募方法

 事業者支援の受付につきましては、(株)三菱総合研究所に委託して実施しております。
 資料1「事業者支援応募様式」に必要事項をご記入の上、下記応募先までメールでご応募ください。※メールをご利用になれない場合は、ご郵送にてご応募ください。

応募先
〒100-8141 東京都千代田区永田町2-10-3
株式会社 三菱総合研究所 環境・エネルギー研究本部
「被災地産J-VER等創出に係る事業者支援事業担当係」
(担当:三善・岩田・山本)
TEL :03-6705-6143 / E-mail :jver@mri.co.jp

(5)公募説明会の概要

 事業者支援の公募説明会については、下記の通り開催致します。

第1回 日程:平成24年2月15日(水)14:00〜16:00
場所:宮城県仙台市 TKP仙台カンファレンスセンター
http://tkpsendai.net/access/
※説明会参加の申込については資料2「公募説明会(仙台)について」をご覧ください。
第2回 日程:平成24年3月7日(水) 時間未定
場所:東京都千代田区 東京国際フォーラム
http://www.t-i-forum.co.jp/function/map/index.html
※同日開催のカーボンマーケットEXPO内で開催予定
第3回 岩手県盛岡市(詳細未定)
第4回 福島県福島市(詳細未定)

※公募説明会の事務局につきましては、(株)三菱総合研究所に委託して実施しております。
※第2回以降の詳細につきましては決定次第、発表させて頂きます。

2.被災地産J-VER等を活用したカーボン・オフセット認証取得に係る事業者支援について

(1)事業者支援の内容

 被災地J-VER等を用いたカーボン・オフセットを通じた民間資金の還流と、当該取組を通じたカーボン・オフセットの更なる認知度向上を促し、復興支援・地域支援につなげるため、被災地産J-VER等を企業・市民等がカーボン・オフセットに活用するための支援事業の公募を行います。
 採択された事業者(全国で20件程度)に対して、カーボン・オフセットプロバイダー(注)が150万円(税抜き)/件を上限に下記の支援業務を実施します。なお、カーボン・オフセットに必要なクレジット調達費用は申請者の自己負担となります。

支援内容
[1]
カーボン・オフセットの企画に対するアドバイス
[2]
温室効果ガス排出量算定・オフセット認証費用支援
[3]
情報提供ツール作成支援(プレスリリース、WEBサイト、CSR報告書等での紹介方法)
申請にあたっては、希望するカーボン・オフセットプロバイダーを応募資料に明記してください。支援業務の契約は、事務局(三菱UFJリサーチ&コンサルティング株式会社)とカーボン・オフセットプロバイダー間で締結します。
なお、現時点で想定するカーボン・オフセットプロバイダーがない場合は、気候変動対策認証センターのあんしんプロバイダー制度参加者一覧 (http://www.4cj.org/label/provider/index.html)等をご参照ください。

(2)支援対象と採択基準

 対象となるカーボン・オフセットの取組は、「カーボン・オフセットの取組に対する第三者認証機関による認証基準」の第1章2.(2)認証区分にある、市場流通型(商品使用・サービス利用オフセット、会議・イベント開催オフセット、自己活動オフセット、自己活動オフセット支援)を対象とします。
 なお、公募期間以前に実施された事業については、本事業の対象外とします。
 案件の採択は、以下の項目等を審査して決定します。なお、採択結果に関する質問にはお答えいたしかねますので、予めご了承下さい。

[1]
カーボン・オフセットの指針から見た適切性
認証ラベル取得が可能かどうか、環境省の認証基準に基づいているかどうかを審査します。
[2]
被災地産J-VER等を活用したカーボン・オフセットの取組のモデル性
1)
被災地産J-VERを活用したビジネスモデルとしての新規性・先進性があり、他の事業者等への波及効果が見込める取組(被災地産J-VER等の利用促進効果)
2)
被災地の地場産品・サービス業等の販売・利用促進、雇用創出など、地域経済活性化に資する取組(被災地の産業等に対する直接的な支援効果)
3)
被災地の新たな地域ブランド化やPRの促進等に資する取組(被災地の産業等に対する間接的な支援効果

(3)公募期間等

第1次公募:2012年1月31日(火)〜2012年2月29日(水) 17:00まで

(4)応募方法

 事業者支援の受付につきましては、三菱UFJリサーチ&コンサルティング(株)に委託して実施しております。資料4「オフセット認証取得支援事業応募様式」に必要事項をご記入の上、下記応募先までメールでご応募ください。※メールをご利用になれない場合は、ご郵送にてご応募ください。

応募先
〒105-8501 東京都港区虎ノ門5-11-2 オランダヒルズ森タワー
三菱UFJリサーチ&コンサルティング株式会社
「被災地産J-VER等を活用したカーボン・オフセット認証取得に係る事業者支援事業係」
(担当:綿引(わたひき)・柏井(かしわい)・櫻井・竹田)
TEL :03-6733-3400 / E-mail :offset@murc.jp

3.被災地産J-VER等を活用したカーボン・ニュートラル認証取得に係る事業者支援について

(1)事業者支援の内容

 被災地産J-VER等を用いたカーボン・ニュートラルの取り組みを通じた民間資金の還流と、当該取組を通じたカーボン・ニュートラルの更なる認知度向上を促し、復興支援・地域支援につなげるため、被災地産J-VER等を活用したカーボン・ニュートラル認証取得支援事業の公募を行います。
 採択された事業者(全国で3件程度)に対して、カーボン・ニュートラル認証(CN認証)またはカーボン・ニュートラル計画登録にあたっての下記の事業費用を支援します。
 なお、カーボン・ニュートラルに必要なクレジット調達費用は事業費の対象外ですので、ご注意願います。

支援内容

下記の事業費について、880万円(税抜き)/件を上限に支援を行います。

[1]
カーボン・ニュートラルの企画立案・審査書類作成
[2]
温室効果ガス排出量算定
[3]
検証費用
[4]
情報提供ツール作成 (プレスリリース、WEBサイト、CSR報告書等での事例紹介)
(注1)
採択事業者と事務局(MURC)の間で施行事業実施に係る委託契約を締結します。
(注2)
検証受検にあたっては、検証機関を選定して、別途、契約を行う必要があります。なお、検証に要する費用や時間は機関によって異なりますので、各機関にお問い合わせください。検証機関については、カーボン・ニュートラル制度事務局のホームページ(http://www.jcs.go.jp/)により最新のリストを確認して下さい。
(注3)
カーボン・ニュートラル認証(CN認証)またはカーボン・ニュートラル計画登録に係る認証主体の審査費用は無料です。

(2)支援対象

 本事業の応募者は、以下の(1)〜(4)に該当する日本の団体であって、カーボン・ニュートラル認証の申請を予定している事業者(カーボン・オフセットプロバイダーやコンサルタント会社の代理申請は不可)であり、本業務を円滑に遂行するために必要な実施体制と資金についての十分な管理能力(ア.団体の意志を決定し、本調査に係る活動を執行できる組織が確立していること、イ.自ら経理し、監査することのできる会計組織を有すること、ウ.活動の本拠としての事務所を有すること)があることを条件とします。

(1)
民間企業
(2)
民間法人、特定非営利活動法人(NPO)
(3)
地方公共団体
(4)その他、上記に準じる団体であり事業を円滑に遂行することができると認められる団体
 なお、カーボン・ニュートラル認証取得にあたっては、「認証主体及び検証機関から独立し、利害関係を有しておらず、かつ、国内外における法令を順守している者であること」が条件となることに注意してください。

(3)公募期間等

第1次公募:2012年1月31日(火)〜2012年2月29日(水) 17:00まで

(4)応募方法

 事業者支援の受付につきましては、三菱UFJリサーチ&コンサルティング(株)に委託して実施しております。資料7・資料8「ニュートラル認証取得支援事業応募書類(提案書及び経費内訳書)」に必要事項をご記入の上、下記応募先までメールでご応募ください。※メールをご利用になれない場合は、ご郵送にてご応募ください。

応募先
〒105-8501 東京都港区虎ノ門5-11-2 オランダヒルズ森タワー
三菱UFJリサーチ&コンサルティング株式会社
「被災地産J-VER等を活用したカーボン・オフセット認証取得に係る事業者支援事業係」
(担当:綿引(わたひき)・柏井(かしわい)・櫻井・竹田)
TEL :03-6733-3400 / E-mail :offset@murc.jp

資料

1.被災地産J-VER等創出に係る事業者支援について
資料1
被災地産J-VER等創出支援事業応募様式
資料2
公募説明会(仙台)について
資料3
被災地産J-VER等創出支援事業概要
2.被災地産J-VER等を活用したカーボン・オフセット認証取得に係る事業者支援について
資料4
オフセット認証取得支援事業応募様式
資料5
オフセット認証取得支援事業実施要領
資料6
オフセット認証取得支援事業概要
3.被災地産J-VER等を活用したカーボン・ニュートラル認証取得に係る事業者支援について
資料7
カーボン・ニュートラル応募書類1(提案書)
資料8
カーボン・ニュートラル応募書類2(経費内訳書)
資料9
カーボン・ニュートラル認証取得支援事業実施要領

参考

 オフセット・クレジット(J-VER)制度及びカーボン・オフセット認証制度については、下記の環境省HP、気候変動対策認証センター、カーボン・ニュートラル認証制度事務局、カーボン・オフセットフォーラム(いずれも事務局は社団法人海外環境協力センター)HPを御覧ください。

添付資料

連絡先
環境省地球環境局地球温暖化対策課市場メカニズム室
代表   :03-3581-3351 直通:03-5521-8246 
室長   :上田 康治(内線6737)
室長補佐:三好 一樹(内線6785)
担当   :下山  然(内線6781)

Adobe Readerのダウンロード

PDF形式のファイルをご覧いただくためには、Adobe Readerが必要です。Adobe Reader(無償)をダウンロードしてご利用ください。

ページ先頭へ