報道発表資料

平成24年1月20日
自然環境
この記事を印刷

東日本の自然公園内における湧水等の放射性物質モニタリング調査の測定結果について(第2回)

 環境省では、モニタリング調整会議において決定された総合モニタリング計画に基づき、 継続的に水環境の放射性物質モニタリングを実施しているところです。
 今般、東日本の自然公園内における湧水等の放射性物質モニタリング調査の第2回 (平成23年12月6日〜12月20日採取分)について、とりまとまりましたので測定結果を公表します。
 あわせて、日光国立公園内の公園事業施設等の管理の一環として測定した放射線量の測定結果についても公表します。

1. 調査概要
(1) 調査地点
山形県、宮城県、福島県、茨城県の自然公園内(国立公園、国定公園、県立自然公園)にある湧水など公園利用者に飲用される水場等 16 地点
(国立公園:2 地点、国定公園:5 地点、県立自然公園:9地点)
(2) 調査内容
水質の放射性物質濃度(放射性ヨウ素(ヨウ素131)、放射性セシウム(セシウム134、セシウム137))の測定
※今回のモニタリング調査では、冬季閉鎖などにより利用できない箇所(8箇所)については除外
(第1回は23箇所(10月28日〜11月18日採水))
また、磐梯朝日国立公園で1箇所(福島県耶麻郡北塩原村大凹(おおくぼ))を追加
2. 結果概要
 放射性ヨウ素(ヨウ素131)、放射性セシウム(セシウム134、セシウム137)全地点において検出下限値以下(検出下限値:1Bq/kg)
※「原子力施設等の防災対策について(原子力安全委員会)」飲食物の摂取制限に関する指標(飲料水)
放射性ヨウ素(ヨウ素131):300Bq/kg 以上
放射性セシウム(セシウム134、セシウム137 合計):200Bq/kg 以上
○ 今後の予定
 今年度のモニタリングについては終了。来年度も引き続き関係機関と調整を行い、自然公園内(国立公園、国定公園、県立自然公園)において湧水等公園利用者に飲用される水場等の放射性物質の水質の測定を実施する予定

添付資料

連絡先
環境省自然環境局国立公園課
直通   :03-5521-8278
代表   :03-3581-3351
課長   :桂川 裕樹(内線6440)
課長補佐 :並木 光行(内線6438)
係長   :柴原 崇 (内線6442)

Adobe Readerのダウンロード

PDF形式のファイルをご覧いただくためには、Adobe Readerが必要です。Adobe Reader(無償)をダウンロードしてご利用ください。

ページ先頭へ