報道発表資料

平成24年1月12日
廃棄物
この記事を印刷

平成23年度「静脈産業海外展開促進フォーラム」分科会(第2回)の開催について(お知らせ)

 環境省では、平成23年度より、我が国静脈産業が海外において事業展開することを支援し、 世界規模で環境負荷の低減を実現するとともに、我が国経済の活性化につなげるため、 「日系静脈産業メジャーの育成・海外展開促進事業」を実施しています。
 この事業の一環として、我が国静脈産業の海外展開について、情報共有・意見交換を行うことを目的として、 事業者、地方公共団体、関係団体、有識者等を会員とする「静脈産業海外展開促進フォーラム(以下、フォーラム)」を 昨年8月に設立したところであり、今般、その分科会(第2回)を開催します。

1.日時

平成24年1月31日(火) 14:00〜17:15

2.場所

京王プラザホテル(南館4階 扇)
(東京都新宿区西新宿2-2-1)
http://www.keioplaza.co.jp/index.html

3.テーマ

「アジアにおける廃棄物処理の動向と日本の静脈産業への期待について」

4.主催

環境省

5.対象者

事業者(廃棄物処理・リサイクル事業者、処理装置メーカー、商社、コンサルティング会社等)
地方公共団体(エコタウン事業、海外展開促進を行う自治体)
廃棄物・リサイクル関連団体
有識者 等

6.プログラム(敬称略)

※各講演は英語で実施予定。同時通訳(英/日)あり。
14:00
開会
14:00-14:05
環境省挨拶
14:05-14:35
マレーシアにおける廃棄物処理制度の改正と日本の静脈産業への期待
Mr. Azizan Bin Ariffin
Director of Policy and Planning Division,
National Solid Waste Management Department
Ministry of Housing and Local Government
14:35-14:45
質疑応答
14:45-15:05
中国におけるごみ焼却施設建設の動向
上海康恒環境工程有限公司 代表  龍 吉生氏
15:05-15:10
質疑応答
15:10-15:25
休憩
15:25-16:05
アジアの都市の廃棄物処理の動向と日本の静脈産業への期待
・バンコク(タイ)
・ハノイ(ベトナム)
・パダン(インドネシア)
・デリー(インド)
16:05-16:15
質疑応答
16:15-17:15
アジアの各都市との情報交換会(参加者間の情報交換・交流)
17:15
閉会
※プログラム内容は都合により変更される場合があります。

7.参加費

無料

8.フォーラム分科会(第2回)への参加について

 フォーラムへの参加を希望される方は、1月27日(金)17:00(必着)までに財団法人日本環境衛生センターのホームページ (http://www.jesc.or.jp/)よりアクセスの上、参加登録を行ってください。
 参加可能な人数は、200名程度を予定しています。フォーラム会員の方を優先的に登録させていただきます。定員に達した場合は 御参加をお断りする場合もありますので、予めご了承下さい。(フォーラムへの入会をご希望される方は、(http://www.jesc.or.jp/)よりアクセスの上、入会申し込みを行ってください。)
 なお、登録は1社につき2名までとさせていただきますので、ご承知おき下さい。


※参加申込締め切り: 平成24年1月27日(金)17:00
※申込み及び問い合わせ先
  静脈産業海外展開促進フォーラム事務局
  財団法人日本環境衛生センター
  担当: 研修広報部企画広報課 橋本、長谷川、古澤、村岡
  電子メール: jyomyaku@jesc.or.jp
  電話: 044-288-5095

9.取材について

 御希望の方は平成24年1月27日(金)17時までに、 「御社名、媒体名(テレビ、新聞等)、撮影の有無、取材代表者名、取材者合計人数、 御連絡先(TEL、携帯電話、FAX、電子メール)」を明記の上、電子メールにより、 上記の申込み及び問合せ先(電子メール:jyomyaku@jesc.or.jp) までお申し込みをお願いいたします。なお、会場の都合上、お申し込みのない場合は、 取材をお断りさせていただく場合がございますので御注意ください。

連絡先
環境省大臣官房廃棄物・リサイクル対策部企画課循環型社会推進室
直通:03−5521−8336
代表:03−3581−3351
室長:中尾 豊 (内線 6898)
室長補佐:木村 正伸(内線 6814)
係長:築地 淳 (内線 6819)
担当:大嶋 恭子(内線 6819)

ページ先頭へ