報道発表資料

平成24年1月6日
水・土壌
この記事を印刷

平成23年度「日本モデル環境対策技術等の国際展開」事業に係る「東アジアにおける日本の排水処理技術普及のためのセミナー」の開催について(お知らせ)

 「日本モデル環境対策技術等の国際展開」事業の一環として、 「東アジアにおける日本の排水処理技術普及のためのセミナー」 (主催:環境省、大阪商工会議所、一般財団法人 関西環境管理技術センター及び関西・アジア 環境・省エネビジネス交流推進フォーラム)を、 2月8日(水)に大阪歴史博物館講堂(大阪市)で開催します。

1.背景
 環境省では、平成21年度から「日本モデル環境対策技術等の国際展開」事業を開始しており、 中国、インドネシア及びベトナムを対象として、日本の経験に基づき、適正な環境技術の導入に有効な法制度整備や人材育成などを パッケージとして推進する協力事業を実施するとともに、我が国の優れた環境対策技術等をアジア諸国に展開することにより、環境の改善及び環境管理能力の強化に貢献するための事業を実施しています。
 そこで、我が国の排水処理・モニタリング関係企業、研究機関等を対象として、 インドネシア及びベトナムにおいて必要とされる排水処理技術等に関する情報や先行する企業の経験、 市場の概観及びJETROによる支援等に関する情報を提供する、 「東アジアにおける日本の排水処理技術普及のためのセミナー」を開催いたします。
2.主催
環境省
大阪商工会議所
一般財団法人 関西環境管理技術センター
関西・アジア 環境・省エネビジネス交流推進フォーラム
3.開催日時
平成24年2月8日(水)12:45〜16:15(開場12:15)
4.会場
大阪歴史博物館 講堂
大阪市中央区大手前4丁目1番32号
5.プログラム
挨拶・趣旨説明(12:45〜13:00)
環境省 水・大気環境局 総務課 環境管理技術室長 西本 俊幸
基調講演I(13:00〜13:30)「インドネシアにおける水質汚濁に係る法制度と技術ニーズ」
インドネシア環境省 第7局 標準化・環境技術担当課 課長補佐 アリフ・ウィボウォ
基調講演II(13:30〜14:00)「ベトナムにおける水質汚濁に係る法制度と技術ニーズ」
ベトナム天然資源環境省 環境総局 環境管理科学院 副院長 ドゥ・ナム・タン
講演(14:00〜14:30)「国内水処理産業のアジア進出の課題と克服の経験」
富士化水工業株式会社 経営企画部門 海外グループ会社担当理事 前野 茂
講演(14:30〜15:00)「世界の環境・エネルギー市場における日本企業の可能性とJETROの支援内容」
(独)日本貿易振興機構(JETRO) 機械・環境産業部 環境エネルギー課 課長 峯村 直志
休憩(15:00〜15:10)
質疑応答(15:10〜16:15)
講師全員
(コーディネーター: (一財) 関西環境管理技術センター 常任参与 佐藤健二)
※ 外国人講師の講演は英語で行われ、英語・日本語同時通訳が入ります。
※ 講師等の都合により、講師及び講演内容を一部変更する場合があります。
6.定員
250名
7.参加費等
参加費は無料です。なお、参加を希望される場合は、事前のお申込みが必要です。お申込みの詳細は、別添資料を御参照ください。
8.お問い合わせ先・お申込み先(開催事務局)
一般財団法人 関西環境管理技術センター 企画推進室
電話:06-6583-7126、FAX:06-6583-3274
E-mail:seminar@ematec.or.jp

添付資料

連絡先
環境省水・大気環境局総務課環境管理技術室
直通:03-5521-8297
代表:03-3581-3351
室長:西本 俊幸(内線6550)
補佐:高野 厚 (内線6551)
担当:山本 享 (内線6554)

関連情報

Adobe Readerのダウンロード

PDF形式のファイルをご覧いただくためには、Adobe Readerが必要です。Adobe Reader(無償)をダウンロードしてご利用ください。

ページ先頭へ