報道発表資料

平成23年12月22日
廃棄物
この記事を印刷

国際環境技術見本市「IE expo 2012」廃棄物処理・リサイクル技術ジャパンブースへの出展企業の募集について(お知らせ)

 環境省では、平成23年度より、我が国静脈産業が海外において事業展開することを支援し、世界規模で環境負荷の低減を実現するとともに、我が国経済の活性化につなげるため、「日系静脈産業メジャーの育成・海外展開促進事業」を実施しています。
 この事業の一環として、中国・上海で開催される国際環境技術見本市「IE expo 2012」において、日本の静脈産業全体や日本企業のもつ廃棄物処理・リサイクル技術をアピールすることを目的としたジャパンブースを設け、企業の出展支援を行いますので、出展企業を募集します。

 環境省は、「日系静脈産業メジャーの育成・海外展開促進事業」の一環として、日本の静脈産業と廃棄物処理・リサイクル 技術を広くアピールすることを目的に、以下のとおり国際環境技術見本市「IE expo 2012」にジャパンブースを設け、日系企業の出展をサポートします。 さらに、ビジネスマッチングやセミナー等も開催し、効果的なビジネス展開のための機会を提供いたします。

1.IE expo 2012 の概要

(1)名称
IE expo 2012 (中国国際環境博覧会2012, International Trade Fair for Water, Sewage, Refuse, Recycling and Energy Conservation )
http://www.ie-expo.com/
(2)会期
2012年3月7日(水)〜3月9日(金)
(3)場所
中国・上海新国際博覧センター(SNIEC)
(4)主催者
メッセ・ミュンヘン・インターナショナル(MMI)、上海中貿国際展覧有限公司(Shanghai ZM Int'l)、中国環境科学学会(CSES)

2.IE expo 2012廃棄物処理・リサイクル技術ジャパンブースへの出展企業の募集について

(1)主な出展分野
廃棄物の収集・運搬、中間処理、リサイクル、焼却、最終処分等に関わるサービスの提供、 およびこれらのサービス提供に必要な施設建設、機器(システムを含む)販売、調査・計画・コンサルティング等の事業並びにこれら事業に関する技術
(2)出展資格
会期中、現地見本市会場で商談を行うことが可能な日本企業および日本企業の代理店
(3)募集企業数
9社9小間 (お申し込み後、出展計画書に基づき選考を行う場合がございます。)
(4)費用負担
出展小間費用(1小間3m×4m分)及び最低限の基本装飾費(壁面パネル、テーブル等)は、環境省が負担します。それ以外の費用については自己負担となります。
(5)応募について
下記のウェブサイトにて出展のご案内を御確認下さい。その上で、出展申込書および出展計画書をダウンロードしていただき、メールにて運営事務局までお申し込みください。
https://www.secure-net.jp/ieexpo2012
※出展申込締め切り: 平成23年1月23日(月)17:00
※申込み及び問い合わせ先
IE expo 2012 廃棄物処理・リサイクル技術ジャパンブース運営事務局
株式会社JTBコミュニケーションズ コーポレートコミュニケーション局
担当:荒谷
〒530-0001 大阪市北区梅田3-3-10 梅田ダイビル4階
TEL 06-6348-1371  FAX 06-6348-1375
運営事務局Email:ieexpo2012@jtbcom.com
連絡先
環境省大臣官房廃棄物・リサイクル対策部企画課循環型社会推進室
直通   :03−5521−8336
代表   :03−3581−3351
室長   :中尾 豊 (内線 6898)
室長補佐 :木村 正伸(内線 6814)
係長   :築地 淳 (内線 6819)
担当   :大嶋 恭子(内線 6819)

ページ先頭へ