報道発表資料

平成23年12月22日
水・土壌
この記事を印刷

諸外国における生物応答手法を用いた排水管理に関するセミナーの開催について(お知らせ)

 平成24年1月31日(火)に、米国、カナダ及び韓国において水環境管理施策として導入されている生物応答(バイオアッセイ)による排水管理の運用や試験方法等に関する「諸外国における生物応答を用いた排水管理手法に関するセミナー」を開催することになりましたので、お知らせいたします。

1.開催の趣旨

 工場や事業場からの排水には、多様な化学物質が含まれる場合があり、生態系への毒性影響や複合影響の可能性が指摘されています。
 このような新たな水質問題に対応し、水生生物との共生を踏まえた良好な水環境を創出する観点から、"生物応答(バイオアッセイ)を用いた水環境管理手法"について、検討を進めていくことが必要とされています。
 今回、米国、カナダ及び韓国でバイオアッセイの実務に携わる専門家を招いたセミナーを開催し、各国での運用の実態等の知見を得ることで、今後の検討の参考とし、水環境保全の推進を図ることとしています。

2.開催の概要

名称:
諸外国における生物応答を用いた排水管理手法に関するセミナー
日時:
平成24年1月31日(火)10:00〜17:00(受付は09:30〜)
場所:
品川コクヨホール 品川駅東口降りてすぐ
〒108-8710 東京都港区港南1-8-35
http://www.kokuyo.co.jp/showroom/hall/about
参加費:
無料
定員  :
250名
申込  :
次のいずれかの方法によります。(締切り:平成24年1月26日(木)。ただし、締切り前に定員に達したときは、以後の申込みを受け付けないことがあります。)
(1)独立行政法人国立環境研究所ウェブサイトからの申込み
http://www.nies.go.jp/risk/seminar/wetseminar2011/ にアクセスし、ウェブサイト上から参加申込みフォームに必要事項を入力し、送信してください。
(2)電子メールによる申込み
(1)による申込みができない場合は、氏名、ふりがな、所属、電話番号、メールアドレスを明記の上、件名を「WETセミナー参加申込み」として、wet-seminar2011@nies.go.jp に送信してください。
主催  :
環境省、独立行政法人国立環境研究所
事務局:
独立行政法人国立環境研究所 環境リスク研究センター
 担当 松崎、辻(電話:029-850-2654、FAX:029-850-2920)

添付資料

連絡先
環境省水・大気環境局水環境課
直通:03-5521-8313
代表:03-3581-3351
課長  :吉田 延雄(内線6610)
課長補佐:合屋 英之(内線6617)
担当  :安川 和孝(内線6629)

独立行政法人国立環境研究所
環境リスク研究センター
直通:029-850-2654
センター長:白石 寛明

Adobe Readerのダウンロード

PDF形式のファイルをご覧いただくためには、Adobe Readerが必要です。Adobe Reader(無償)をダウンロードしてご利用ください。

ページ先頭へ