報道発表資料

平成23年12月20日
自然環境
この記事を印刷

第7回エコツーリズム大賞の決定について(お知らせ)

 環境省では、エコツーリズムを実践する地域や事業者の優れた取組を表彰する「エコツーリズム大賞」を平成17年度から実施しています。
 この度、第7回エコツーリズム大賞に応募のあった63件を対象に、審査委員による審査が行われ、合計8点の受賞が決まりましたのでお知らせします。

1.エコツーリズム大賞

 エコツーリズム大賞は、エコツーリズムに取り組む事業者、団体、自治体などを対象に、優れた取組を表彰し、広く紹介するもので、全国のエコツーリズムに関する活動の質的・量的向上並びに、情報交換等による関係者の連帯感の醸成を図ることを目的とした表彰制度です。今年度は環境省と特定非営利活動法人日本エコツーリズム協会の共催により実施しています。

2.審査委員

下村 彰男東京大学大学院農学生命科学研究科教授(審査委員長)
海津 ゆりえ特定非営利活動法人 日本エコツーリズム協会理事
桜井 義維英独立行政法人 国立青少年教育振興機構
   国立赤城青少年交流の家所長
佐藤 博康松本大学総合経営学部観光ホスピタリティ学科教授
長谷川 和芳社団法人 日本旅行業協会理事・事務局長

3.審査結果

応募総数63件のうち大賞1件、優秀賞3件、特別賞4件(概要は別紙のとおり。)

【大 賞】特定非営利活動法人 信越トレイルクラブ
【優秀賞】てしかがえこまち推進協議会
     二戸市宝を生かした事業実行委員会
     針江生水(はりえしょうず)の郷委員会
【特別賞】小岩井農牧 株式会社株式会社 エコロの森
     飛騨里山サイクリング
     特定非営利活動法人 桜島ミュージアム

4.表彰式等

表彰式は、平成24年1月下旬に開催する予定です。詳細については確定次第、環境省のホームページで公表します。

添付資料

連絡先
環境省自然環境局総務課自然ふれあい推進室
(代表:03-3581-3351)
(直通:03-5521-8271)
室長 :堀上 勝(内:6419)
専門官:小林貞成(内:6421)
担当 :小野宏和(内:6421)

関連情報

過去の報道発表資料

平成23年9月22日
第7回エコツーリズム大賞の募集について(お知らせ)

Adobe Readerのダウンロード

PDF形式のファイルをご覧いただくためには、Adobe Readerが必要です。Adobe Reader(無償)をダウンロードしてご利用ください。

ページ先頭へ