報道発表資料

平成23年12月16日
水・土壌
この記事を印刷

地下水質のモニタリング調査における放射性物質濃度の測定結果(第5報)について(お知らせ)

 環境省では、モニタリング調整会議において決定された総合モニタリング計画に基づき、継続的に地下水の放射性物質濃度のモニタリング調査を実施しているところです。
 今回、分析が終了した宮城県、山形県、福島県、茨城県及び栃木県内の地下水の放射性物質濃度の測定結果を第5報として公表します(採水日:宮城県10月7日〜26日、山形県10月20日〜11月15日、福島県10月7日〜11月22日、茨城県10月18日〜31日、栃木県10月19日〜31日)。

○結果概要

すべての地点において、放射性ヨウ素(I-131)、放射性セシウム(Cs-134、Cs-137)を測定しました。(検出限界値:1Bq/L)

(1)宮城県
全39地点において、いずれの項目とも不検出でした。(詳細別紙1)
(2)山形県
全41地点において、いずれの項目とも不検出でした。(詳細別紙2)
(3)福島県
放射性ヨウ素(I-131)については、全271地点において不検出でした。放射性セシウムについては、Cs-134について1地点、Cs-137について2地点において検出限界値である1Bq/Lが検出されました。(詳細別紙3)
(4)茨城県
全44地点において、いずれの項目とも不検出でした。(詳細別紙4)
(5)栃木県
全38地点において、いずれの項目とも不検出でした。(詳細別紙5)
「原子力施設等の防災対策について(原子力安全委員会)」飲食物の摂取制限に関する指標(飲料水)
 放射性ヨウ素(I-131):300Bq/Kg以上
 放射性セシウム(Cs-134、Cs-137合計):200Bq/Kg以上

今後の予定

 今後、宮城県、山形県、福島県、茨城県及び栃木県において、県や市町村等の関係機関と調整を行い、継続的に地下水の放射性物質濃度の測定を実施することとしています。
 また、放射性セシウムが検出された地点(福島県大熊町)については、直ちに問題となる濃度のレベルではないと考えられるものの、追加調査を実施する等、福島県等とも協力して、汚染実態の把握に努めていく予定です。

添付資料

連絡先
環境省水・大気環境局土壌環境課 地下水・地盤環境室
直通   :03-5521-8309
代表   :03-3581-3351
室長   :宇仁菅 伸介(内線6670)
室長補佐:松田   和久(内線6671)
室長補佐:柳田   貴広(内線6672)

Adobe Readerのダウンロード

PDF形式のファイルをご覧いただくためには、Adobe Readerが必要です。Adobe Reader(無償)をダウンロードしてご利用ください。

ページ先頭へ