報道発表資料

平成23年12月15日
地球環境
この記事を印刷

平成23年度地方発カーボン・オフセット認証取得支援第3次募集にかかる採択結果について(お知らせ)

 
 環境省では、平成20年2月にとりまとめた「我が国におけるカーボン・オフセットのあり方について(指針)」に基づき、平成20年度よりカーボン・オフセットの信頼性確保のためのガイドラインや基準等の整備を行うとともに、カーボン・オフセットモデル事業を実施してまいりました。
 
 今年度は、過去開催いたしましたカーボン・オフセットモデル事業の取組を全国に広げ、主に地方都市における適切なカーボン・オフセットの取組の更なる普及促進を図ることを目的とし、地方発カーボン・オフセット認証取得支援事業を行っています。
 
 今般ご案内した地方発カーボン・オフセット認証取得支援事業について、11月7日より11月30日までに応募のあった案件の中から6件を採択しましたので、お知らせいたします。
 
 また、本事業は、今年度における今後の公募を予定しておりませんので、合わせてお知らせいたします。

・第3次公募の採択結果について

(1)採択結果

申請者名 概要
北海道エコ・アクション事務局
株式会社北海道フットボールクラブ
【北海道】
 2012シーズンに開催されるコンサドーレ札幌のJ1リーグ戦全ホームゲームを対象に、試合会場でのエネルギー利用で排出されるCO2を、北海道産J-VERを用いてカーボン・オフセットする年間キャンペーンを展開。
 当該ホームゲームでコンサドーレ札幌が勝利した場合にはそのCO2の3倍をオフセットするなど、勝利するほど環境に優しい仕組みづくりを行い、サポーターも巻き込んだ環境貢献を目指す。
合同会社木質ペレット推進協議会
【新潟県】
 木質ペレットを燃料に使い育てられた花卉・花木を購入した人の日常生活におけるCO2排出量の一部を、J-VERでカーボン・オフセットする取組。
 未利用であった木材を原料に作られたペレットを活用したCO2排出削減の好循環な取組を、カーボン・オフセットという形で地域の地場産業である花卉園芸品の商品に活用し、将来の地域産業の担い手育成や雇用創出に繋げるとともに、地域における歴史の再認識および里山への関心を高めることを目指す。
NPO法人雪の都GO雪共和国
【新潟県】
 地域で発行されたクレジットを地域の商品・サービスに付加し、新しい地域ブランドとして販売することを目的として進められているSOS(Save Our Snow)プロジェクトの一環として、新潟県J-VER(苗場山麓竜神の森プロジェクト)を活用し、スキーリフト券をクレジット商品として販売する取組。
来訪者がスキー場までの移動中に排出するCO2をオフセットすることからスタートし、将来的にはスキー場で排出されるCO2をオフセットできるよう、地域内のスキー場と連携を図っていく。
徳島カーボン・オフセット推進協議会
【徳島県】
 徳島県の特産品を同県で創出されたJ-VERを活用してカーボン・オフセット商品としてブランド化し、都市を中心に戦略的に販売する「地産都商」プロジェクトの第1弾。
 オフセット商品化した特産物は「カーボン・オフセット特産市in徳島」(2012年6月に開催予定)の露天市で販売する。露天市では参加者に無料で「1Dayカーボン・オフセット証書」と「つきたてのお餅」を配布し、お餅と特産物を食べながら、カーボン・オフセット普及啓発を兼ねたイベントとし、地場産品のPRと地球温暖化対策の啓発の両立を目指す。
GARRISON
【高知県】
 日本一の森林率を誇る高知県において、間伐等の森林整備された際に搬出される木材を有効利用し、企業やブランド向けに国産木材ノベルティー製品を企画製造するGARRISON(ギャリソン)が、国産木材ノベルティー製品を高知県J-VER(高知県中土佐町四万十黒潮の森間伐推進プロジェクト)を活用しカーボン・オフセットする取組。
 1つの製品で森林整備・カーボンストック・カーボンクレジットの3つの意義をPRし、企業のCSR活動としてカーボン・オフセットノベルティーの普及を目指す。
小国町カーボン・オフセット協議会
【熊本県】
 2012年2月19日に熊本市で開催される第1回熊本城マラソンの参加者を対象に木製のグッズを提供し、受け取った参加者の日常生活におけるCO2排出量のうち、1人当たり2kg分を熊本県小国町で創出されたJ-VERを活用してオフセットする取組。
 熊本城マラソンの参加者をはじめ多くの関係者に対して、森づくりを通じたカーボン・オフセットの普及啓発の機会となることを目指す。

(2)参考

カーボン・オフセットに関する関連情報については、以下のホームページに掲載しています。

○環境省
http://www.env.go.jp/earth/ondanka/mechanism/carbon_offset.html
○カーボン・オフセットフォーラム(J-COF)
http://www.j-cof.go.jp/index.html
○気候変動対策認証センター(CCCCJ)
http://www.4cj.org/label/index.html
○カーボン・オフセット推進ネットワーク(CO-Net)
http://www.carbonoffset-network.jp/

添付資料

連絡先
環境省地球環境局地球温暖化対策課市場メカニズム室
代表    :03-3581-3351
直通    :03-5521-8246 
室長    :上田 康治(内線6737)
室長補佐 :三好 一樹(内線6785)
担当    :下山  然(内線6781)

Adobe Readerのダウンロード

PDF形式のファイルをご覧いただくためには、Adobe Readerが必要です。Adobe Reader(無償)をダウンロードしてご利用ください。

ページ先頭へ