報道発表資料

平成23年12月12日
地球環境
この記事を印刷

モンゴル自然環境観光省との環境協力覚書の署名について(お知らせ)

細野環境大臣は 南アフリカ共和国ダーバンにおいて、モンゴル国のガンスフ自然環境観光大臣と会談を行い、「日本国環境省とモンゴル国自然環境観光省の間の環境協力に関する協力覚書」に署名しました。
今後、本協力文書に基づき、気候変動対策、エコツーリズム、自然保護対策等の分野において、相互協力を強化、発展させることとしています。

1.日時

 平成23年12月8日(木)

2.場所

 南アフリカ共和国 ダ−バン(気候変動枠組条約COP17会場)

3.協力覚書の概要

 日本とモンゴル両国の環境協力を安定的な基盤の上に立って一層の推進を図るため、以下をはじめとする分野で対話及びプロジェクト等を実施、促進する。

(1)
気候変動対策(緩和策、適応策)
(2)
エコツーリズム
(3)
自然保護(保護地域管理、渡り鳥と鳥インフルエンザ、砂漠化対策)
(4)
排水処理
(5)
大気汚染管理、特にアスベスト

4.協力覚書

 別添参照

添付資料

連絡先
環境省地球環境局国際連携課国際協力室
代表   :03-3581-3351
直通   :03-5521-8248
室長   :新田 晃  (内線:6765)
室長補佐:長谷川 敬洋 (内線:6761)
担当   :境野 晶子 (内線:6723)

Adobe Readerのダウンロード

PDF形式のファイルをご覧いただくためには、Adobe Readerが必要です。Adobe Reader(無償)をダウンロードしてご利用ください。

ページ先頭へ