報道発表資料

平成23年11月28日
自然環境
この記事を印刷

第1回生物多様性民間参画グローバルプラットフォーム会合について(お知らせ)

 昨年10月に愛知県名古屋市で開催された生物多様性条約第10回締約国会議(COP10)におけるビジネス参画の決議事項を受けて、生物多様性条約事務局、経団連自然保護協議会、国際自然保護連合との共催で、「第1回生物多様性民間参画グローバルプラットフォーム会合」を下記の要領で開催しますのでお知らせします。なお、会合は非公開で行われます。

1.日時

2011年12月
15日(木)9:30〜17:30
16日(金)9:15〜12:15

2.場所

経団連会館(東京都大手町)

3.主催

生物多様性条約事務局(SCBD)、経団連自然保護協議会、
国際自然保護連合(IUCN)、環境省

4.目的

 主に民間事業者やNGOなどを対象に、[1]ビジネスと生物多様性に関する国別・地域別イニシアティブ設立に向けた支援、[2]民間参画を促進させるツールや手法の開発の奨励、[3]民間参画を促進させる好事例の共有などにより、COP10決議X/21「ビジネス参画」の実現に資することを目的とする。

【参考】COP10決議X/21「ビジネス参画」について
 生物多様性条約事務局、条約締約国、民間事業者に対し、生物多様性民間参画グローバルプラットフォームの設置の他、上記目的に記述した事項等ビジネスセクターにおける生物多様性保全の取組を推進させるための奨励事項を定めた決議。

5.議題(予定)

 下記を議題としたパネルセッションを行う予定。

各国におけるビジネスと生物多様性に関する取組の現状と課題
産業界の取組と政策に関する見解や展望
生物多様性をビジネスに統合するためのツール・メカニズム
ビジネス参画に関するCOP10以降のレビューとCOP11に向けた提言
ビジネスと生物多様性イニシアティブとグローバルプラットフォームの今後の展開
COP11におけるハイレベル会合やその他イベントに向けた情報共有

6.参加者

外国政府及び企業他(約30人)
日本政府及び企業他(約120人)

主催各機関が案内する事業者、NGOのほか、国際機関・政府関係者等が参加予定。
連絡先
環境省自然環境局自然環境計画課生物多様性施策推進室
直通:03-5521-9108
代表:03-3581-3351
室長  :牛場 雅己(内線6870)
室長補佐:常冨 豊 (内線6985)
担当  :玉谷 雄太(内線6825)

ページ先頭へ