報道発表資料

平成23年11月28日
自然環境
この記事を印刷

中国へのトキ8羽の返還について(お知らせ)

 日中政府の合意により中国に返還することとなっている8羽のトキについては、平成23年12月10日(土)に新潟空港より中国に向けて出発することとなりましたのでお知らせします。
 また、これらのトキの引渡しのため、張中国国家林業局国際合作司主任科員を団長(予定)とする7名の中国側代表団が訪日し、平成23年12月10日(土)に新潟空港で引渡し署名を行う予定です。

1.経緯

(1)
環境省と中国政府・国家林業局の間の覚書により、中国から供与されたトキから生まれた個体の所有権は次のとおり帰属することとなっている。
美美(メイメイ)(メス、12歳)...
偶数子は日本側、奇数子は中国側
華陽(ホワヤン)(オス、8歳)...
奇数子は日本側、偶数子は中国側
溢水(イーシュイ)(メス、8歳)...
偶数子は日本側、奇数子は中国側
(2)
中国政府との調整により、2010、2011年に美美、華陽、溢水から生まれた個体のうち8羽を平成23年12月10日(土)に中国へ返還することを決定した(5回目。前回(4回目)は平成21年11月28日に10羽を返還)。
(3)
トキの移送に先立ち、鳥インフルエンザなど感染症の検査を行うため、佐渡トキ保護センターにおいて平成23年9月29日(木)からトキの隔離検疫を開始。現在、隔離検疫を継続しているところ。

2.トキの移送日程

12月10日(土)
5:30 両津港発(佐渡汽船フェリー)
8:00 新潟港着
11:30 トキ受け入れ証明署名式
14:00 新潟空港発(MU296便)
17:00 上海浦東空港着

3.中国へ返還する8羽のトキ

2010年生(1才)
5羽(オス3羽、メス2羽)
2011年生(0才)
3羽(オス3羽)

4.中国側代表団

張 (ジャン ジャー)
国家林業局国際合作司 主任科員(団長・予定)
李 林海(リィ リンハイ)
国家林業局野生動植物保護司 助理研究員
朱 桂寿(ジュウ グイショウ)
浙江省野生動植物保護管理総ステーション 副研究員
葛 雲法(グァ ユウンファ)
浙江大学生命科学学院 実験師
鐘 凌(ジョン リィン)
陝西省自然保護区及び野生動物管理ステーション 副研究員
翟 天慶(ジャイ ティエンチン)
陝西漢中朱鷺国家級自然保護区管理局 副局長
何 永強(ファー ヨンチァン)
浙江省出入境検験検疫局 副主任

5.取材要領

 トキの移送を円滑に進めるため、下記要領にそって取材いただきますようお願いします。

(1)
トキは専用の木箱に入れて移送しますので、外からは見えません。
(2)
トキの健康を第一に考え、一刻も早く目的地まで移送する必要があることから、移送中のトキの撮影には応じられません。
(3)
12月10日(土)の11:30から、新潟空港2階 有料待合室3にて、日中代表団によりトキ引き渡し証明に署名を行います。こちらはオープン取材が可能です。
(4)
12月10日(土)の新潟空港エプロンでの移送作業の撮影は、新潟空港職員が指示した場所から取材可能ですが、移送の妨げにならないよう、関係者の指示に従ってください。なお、エプロンへの立ち入りには事前に登録が必要なため、11月30日(水)15:00までに別添取材申込書を環境省自然環境局野生生物課までFAX願います。(その際、念のためFAXした旨、確認の電話をお願いします。)
○野生生物課FAX番号:
03-3581-7090(担当中屋又は堤)
○野生生物課電話番号:
03-5521-8283(担当同上)

<参考>過去の中国へのトキ返還について

1回目 平成14年 3月 6日 平成13年生まれ 2羽
2回目 平成15年 4月16日 平成14年生まれ 3羽
3回目 平成19年11月20日 平成15〜19年生まれ 13羽
4回目 平成21年11月28日 平成20、21年生まれ 10羽

添付資料

連絡先
環境省自然環境局野生生物課
課長  :亀澤 玲治(6460)
課長補佐:堀内 洋 (6475)
専門官 :中屋 俊満(6464)
直通:03−5521−8283
代表:03−3581−3351

関連情報

過去の報道発表資料

平成21年11月16日
中国へ返還する10羽のトキの移送について(お知らせ)

Adobe Readerのダウンロード

PDF形式のファイルをご覧いただくためには、Adobe Readerが必要です。Adobe Reader(無償)をダウンロードしてご利用ください。

ページ先頭へ