報道発表資料

平成23年10月3日
水・土壌
この記事を印刷

旧緊急時避難準備区域(南相馬市、田村市、川内村、広野町、楢葉町)の復旧を支援するための放射線モニタリングアクションプランについて(文部科学省と同時発表)(お知らせ)

 標記の件について、内閣府原子力被災者生活支援チーム、文部科学省及び環境省において取りまとめましたので、別添のとおりお知らせします。

 本日、旧緊急時避難準備区域(南相馬市、田村市、川内村、広野町及び楢葉町)の復旧を支援するための放射線モニタリングアクションプランについて、原子力被災者生活支援チーム、文部科学省及び環境省において取りまとめました。
 これは、9月30日に解除された緊急時避難準備区域5市町村(南相馬市、田村市、川内村、広野町及び楢葉町)の復旧計画においてモニタリングの充実強化が求められていることなどを踏まえ、当該区域における復旧を支援する一環として、文部科学省、原子力被災者生活支援チーム、原子力災害現地対策本部、環境省等により各種モニタリングを実施するために取りまとめたものです。
 環境省はこのうち、井戸水や河川・水源地のモニタリングの取りまとめを行うものです。

添付資料

連絡先
環境省水・大気環境局水環境課
直通:03-5521-8316
代表:03-3581-3351
課長:吉田 延雄(内線6610)
課長補佐:古田 哲央(内線6614)

環境省水・大気環境局土壌環境課地下水・地盤環境室
直通:03-5521-8309
代表:03-3581-3351
室長:宇仁菅 伸介(内線6670)
室長補佐:柳田 貴広(内線6672)

Adobe Readerのダウンロード

PDF形式のファイルをご覧いただくためには、Adobe Readerが必要です。Adobe Reader(無償)をダウンロードしてご利用ください。

ページ先頭へ