報道発表資料

平成23年6月6日
総合政策
この記事を印刷

我が国における「国連持続可能な開発のための教育の10年」実施計画の改訂について(お知らせ)

 第4回「国連持続可能な開発のための教育の10年」関係省庁連絡会議(平成23年6月3日)において、我が国における「国連持続可能な開発のための教育の10年」実施計画(ESD実施計画)が改訂されました。

 2002年12月の国連総会において、2005年から2014年までの10年間を、「国連持続可能な開発のための教育の10年」とすることが決議されました。
 これを受け、政府は2006年3月に「わが国における『国連持続可能な開発のための教育の10年』実施計画」を決定しました。
 同計画では、2009年までの前半5年間の取組を踏まえて、2010年に同計画を見直すことが定められています。

 そのため、政府は2010年より「『国連持続可能な開発のための教育の10年』関係省庁連絡会議幹事会」や、有識者から成る「『国連持続可能な開発のための教育の10年』円卓会議」において、前半5年間の取組についての評価を行うとともに、同計画の改訂に向けた協議・検討を重ね、パブリックコメントを実施し、改訂案を取りまとめました。

 平成23年6月3日、第4回「『国連持続可能な開発のための教育の10年』関係省庁連絡会議」において、わが国における「国連持続可能な開発のための教育の10年」実施計画を、案のとおり改訂することが決定されましたのでお知らせします。

 なお、改訂された実施計画本文及び改訂のポイントについては、添付の資料をご覧ください。

添付資料

連絡先
環境省総合環境政策局環境経済課環境教育推進室
直通:03-5521-8231
代表:03-3581-3351
室長:岡本 光之(6240)
補佐:増井 久輝(6262)
担当:井上 昇(6273)

関連情報

Adobe Readerのダウンロード

PDF形式のファイルをご覧いただくためには、Adobe Readerが必要です。Adobe Reader(無償)をダウンロードしてご利用ください。

ページ先頭へ