報道発表資料

平成23年6月6日
総合政策
この記事を印刷

平成23年度風力発電施設等に係る改正アセス法手続先行実施モデル事業の公募について

 環境省では、風力発電施設及び地熱発電施設(以下、「風力発電施設等」という。)について、本年4月27日に公布された改正環境影響評価法(以下、「改正アセス法」という。)に準じた配慮書又は方法書手続におけるモデル的な取り組みによる、風力発電施設等に対する適切な環境アセスメントの推進・定着を図るため、「平成23年度風力発電施設等に係る改正アセス法手続先行実施モデル事業」の募集を行います。

1.事業の概要及び目的

 環境省では、風力発電施設及び地熱発電施設(以下、「風力発電施設等」という。)について、本年4月27日に公布された改正環境影響評価法(以下、「改正アセス法」という。)に準じた配慮書又は方法書手続に先行的に取り組む事業者のモデル的な取組を支援することにより、風力発電施設等に対する適切な環境アセスメントの推進・定着を図ります。
 これにより、地球温暖化対策として期待されており、適切な環境配慮がなされた風力発電施設等の積極的な推進に貢献します。

2.公募期間

平成23年6月6日(月)〜6月17日(金)必着

3.公募対象事業

 公募の対象となるモデル事業は、風力発電施設等の設置の事業について、国及び地方公共団体を除く事業者が実施する取組のうち、改正アセス法に準じて配慮書又は方法書段階の検討並びに作成を行うモデル的な取組(4.採択の要件を満たすものに限る。)を対象とします。

4.支援内容

 提案書に基づき、環境配慮事項に係る調査・予測・評価等について、環境省から提案者へ事業を委託します。

5.応募方法等

 別添の公募要領を御覧ください。

添付資料

連絡先
環境省総合環境政策局環境影響審査室
室長:小野 洋(内6231)
補佐:馬場 康弘(内6233)
担当:宮森 由美子(内6236)
    田中 宏美(内6236)
TEL 03-3581-3351(代表)
    03-5521-8237(直通)

Adobe Readerのダウンロード

PDF形式のファイルをご覧いただくためには、Adobe Readerが必要です。Adobe Reader(無償)をダウンロードしてご利用ください。

ページ先頭へ