報道発表資料

平成23年4月22日
地球環境
この記事を印刷

「平成22年度カーボン・オフセット白書」の発行について(お知らせ)

  • 環境省ではこの度、「平成22年度カーボン・オフセット白書」を作成しましたので、お知らせします。
  • 本書では、カーボン・オフセットの概要や関連制度を分かりやすく解説しているほか、海外におけるカーボン・オフセットに関する最近の動向、我が国での実際の取組事例等についても紹介しています。具体的にカーボン・オフセットの取組を検討するなどの場面で是非御活用ください。

1.趣旨

市民、企業、NPO/NGO、自治体、政府等の社会の構成員が、自らの排出量を認識し、主体的にこれを削減する努力を行うとともに、削減が困難な部分の排出量について他の場所で実現した温室効果ガスの排出削減・吸収量で埋め合わせる「カーボン・オフセット」は、温室効果ガスの削減だけでなく、削減等のプロジェクトが実施される地域において投資や雇用の促進、地域活性化等の効果も期待されます。
カーボン・オフセット白書は、様々な主体にカーボン・オフセットに積極的に取り組んでいただくため、関連する情報を分かりやすく集約したものです。

2.「平成22年度カーボン・オフセット白書」の特徴

カーボン・オフセットの概要の他に、カーボン・オフセットに関する枠組みや普及のための取組、オフセット・クレジット(J-VER)制度に関する最近の動向等をイラストやグラフ等を交えて分かりやすく解説しています。
国内での関連制度の他に、海外の動向や市場の状況なども紹介し、カーボン・オフセットが国内だけではなく、世界全体で行われている取組であることを示しています。
実際にカーボン・オフセットやJ-VERプロジェクトに取り組む事業者によるコラムのほか、カーボン・オフセットの事例集やJ-VERプロジェクト集等、具体的な取組事例についても多数掲載しております。

3.入手方法・問い合わせ先

 カーボン・オフセット白書については、下記の環境省ホームページに後日掲載予定です。
 環境省(http://www.env.go.jp/earth/ondanka/mechanism/carbon_offset.html

添付資料

連絡先
環境省地球環境局地球温暖化対策課市場メカニズム室
代表:03-3581-3351 直通:03-5521-8354
室長:上田 康治(内線6737)
補佐:三好 一樹(内線6785)
担当:下山 然(内線6781)

Adobe Readerのダウンロード

PDF形式のファイルをご覧いただくためには、Adobe Readerが必要です。Adobe Reader(無償)をダウンロードしてご利用ください。

ページ先頭へ