報道発表資料

平成23年4月22日
地球環境
この記事を印刷

「カーボン・オフセットの取組に対する第三者認証機関による認証基準」の改定について(お知らせ)

  • 環境省では、信頼性のあるカーボン・オフセットを推進するため、平成21年3月に、「カーボン・オフセットの取組に対する第三者認証機関による認証基準(Ver.1.0)」を策定しました。
  • 本基準を受け、気候変動対策認証センター(社団法人海外環境協力センター内)において平成21年5月にカーボン・オフセット認証制度が創設され、これまでに58件が認証されています。
  • 昨年度行った会議・イベントにおけるカーボン・オフセットの検討の中で出てきた論点やパブリックコメント等を踏まえ、今般、本認証基準について改定しましたので公表します。

1.「カーボン・オフセットの取組に対する第三者認証機関による認証基準(Ver.2.0)」について

平成22年7月に「会議・イベントにおけるカーボン・オフセット検討会」を設置し、会議・イベントにおけるカーボン・オフセットに関する検討を行いました。その検討会の中で、カーボン・オフセットの取組に対する第三者認証機関による認証基準及びその他のガイドラインに規定された内容を、会議・イベント運営の実務的な観点から整理を行いました。
その結果、明らかになった課題や当該認証制度を運営する中で出てきた論点、パブリックコメントを踏まえ、関連する基準類を改定しました。そのうちの1つです。

2.主な改定点

従来、会議・イベントのカーボン・オフセットについて、温室効果ガス排出量の算定はレベル2(※1)以上を原則としていましたが、柔軟な対応が可能となるようレベル1(※2)以上を原則としました。
※1
活動量は温室効果ガス算定対象の活動に固有のデータを用い、排出係数は標準値を用いて計算するもの
※2
活動量及び排出係数の両方について、標準値を用いて計算するもの
会議・イベントにおいて推奨される温室効果ガス排出削減努力について整理しました。
会議・イベントに係る開催主体(主催者/共催者)と参加者について定義を明確化しました。
その他、目次の改定、及び全体の表現の見直しを行いました。

3.関連情報

 カーボン・オフセット認証制度については、下記の環境省ホームページ及び気候変動対策認証センターホームページを御覧ください。

環境省 http://www.env.go.jp/earth/ondanka/mechanism/carbon_offset.html
気候変動対策認証センター http://www.4cj.org/label.html

添付資料

連絡先
環境省地球環境局地球温暖化対策課市場メカニズム室
代表:03-3581-3351 直通:03-5521-8354
室長:上田 康治(内線6737)
補佐:三好 一樹(内線6785)
担当:下山 然(内線6781)

Adobe Readerのダウンロード

PDF形式のファイルをご覧いただくためには、Adobe Readerが必要です。Adobe Reader(無償)をダウンロードしてご利用ください。

ページ先頭へ