報道発表資料

平成23年2月22日
総合政策
この記事を印刷

環境大臣との対話「生物多様性及び温暖化対策―COP10及びCOP16を終えて―」の開催について(お知らせ)

 3月5日(土)に東京都(中央区日本橋)において、「生物多様性及び温暖化対策―COP10及びCOP16を終えて―」として環境大臣と一般の方とが対話する機会を設けます。
 この集いは、松本大臣が、昨年名古屋で開催された生物多様性条約第10回締約国会議(COP10)及びメキシコ・カンクンで開催された気候変動枠組条約第16回締約国会議(COP16)の結果についてお話しします。(独)国立環境研究所主任研究員亀山康子さん他をおむかえし、参加者の皆様と意見交換を行うこととしています。ふるって御参加下さい。

1.「生物多様性及び温暖化対策―COP10及びCOP16を終えて―」について

 環境省では、市民、企業、自治体等との連携のもとに政策を進めるため、一般の方々に政策について説明し、対話を行う機会を設けるよう努めています。
 昨年は、名古屋で生物多様性条約第10回締約国会議(COP10)及びメキシコ・カンクンで気候変動枠組条約第16回締約国会議(COP16)がそれぞれ開催され、一般の方々の環境への関心が高まってきています。
 そこで、生物多様性や温暖化対策についての御理解を深めていただくため、環境大臣と対話する「生物多様性及び温暖化対策―COP10及びCOP16を終えて―」を、以下のとおり開催することといたしました。

日時

平成23年3月5日(土)14:00〜16:00

場所

TKP東京駅日本橋ビジネスセンター 3階 ホール3A
東京都中央区日本橋1−3−13 日本橋中央ビル

プログラム

 以下の3名によるプレゼンテーションの後、一般の方との意見交換を予定しています。

松本龍環境大臣
亀山康子(独)国立環境研究所主任研究員、東京大学大学院新領域創成科学研究科客員准教授
地球いきもの応援団メンバー等により選定予定

参加費

無料

2.参加申込手続について

(1)対象者

 環境問題について関心をお持ちの方を中心に募集します。

(2)人数

 200名を予定しています。

(3)申し込み方法

 参加を御希望の方は、e-mailまたはFAXにて必要事項を記載の上、お申し込みください。

[1] 必要事項

[お名前(ふりがな)/御職業/電話・FAX番号/e-mail/郵便番号・御住所/生物多様性・温暖化に関する御意見・御質問]

[2] 申し込み先

(株)日産社 環境大臣との対話事務局

e-mail:taiwa22env@nissansha.co.jp
※件名を「環境大臣との対話参加申し込み」として送信してください。
FAXで申し込まれる方は参加申込書(別添)を御利用ください。
(FAX)03−5570−3501

(4)申込締切り

3月3日(木)12時必着(e-mail、FAX共通)

(注)
参加決定者に対しては、事前に運営事務局から参加証をお送りします。なお、当日は、本人確認のため、受付に参加証を御提示下さい。
定員に達したため参加いただけない場合には、その旨御連絡いたします。
上記必要事項に記入漏れがあった場合は、無効とさせていただきます。
応募は、お1人様1回限りとさせていただきます。複数回申し込まれた場合は、無効とさせていただきます。

3.参加申込についてのお問合せ先

(株)日産社 環境大臣との対話事務局 高橋
(TEL)03−5570−3509

添付資料

連絡先
環境省大臣官房政策評価広報課広報室
直通:03-5521-8213
代表:03-3581-3351
室長:瀬川 恵子(内6139)
補佐:種瀬 治良(内6149)
係長:白倉 純(内6140)

Adobe Readerのダウンロード

PDF形式のファイルをご覧いただくためには、Adobe Readerが必要です。Adobe Reader(無償)をダウンロードしてご利用ください。

ページ先頭へ