報道発表資料

平成23年2月22日
廃棄物
この記事を印刷

3Rエコポイント普及促進に関するシンポジウムの開催について〜3Rエコポイントシステム促進のためのガイドラインについて〜(お知らせ)

 国民の3R(リデュース、リユース、リサイクル)の取組を進めるため、ポイント制度等の在り方の検討を行う「3R促進のためのポイント制度等経済的インセンティブ付けに関する検討会」を平成21年3月より開始し、これまで10回にわたり検討してきました。
 このたび、全10回の検討の結果報告としてシンポジウムを開催することとなりましたので、お知らせいたします。

1.日時

平成23年3月18日(金)14:00〜16:00

2.場所

コンファレンススクエア エムプラス
東京都千代田区丸の内2-5-2 三菱ビル 1F

3.主催

環境省

4.対象者

市民、NGO/NPO等民間団体、事業者、行政関係者等(定員80名程度)

5.参加費

無料

6.シンポジウムへの参加について

 シンポジウムへの参加を希望される方は、3月11日(金)12:00(必着)までに希望者ごとにFAX又は電子メールにより、住所、氏名、電話番号及び(差し支えなければ)所属を御記入の上、下記申込先までご連絡ください。電子メールでお申し込みの場合は件名を「3Rエコポイント普及促進に関するシンポジウム参加希望」と御記入ください。
 なお、一般の参加が可能な人数は80名程度を予定しています。先着順とし、定員に達した場合は御参加をお断りする場合もありますので、予めご了承下さい。

※参加申込期日及び申込先 申込締め切り 平成23年3月11日(金)12:00
 3R促進のためのポイント制度等経済的インセンティブ付けに関する検討会事務局
 アビームコンサルティング株式会社
 担当:瀬戸恭平
 電子メール:jpab3r-ecopoint@abeam.com
 FAX:03-4288-5454
 電話:03-4288-5810 (部門代表)

7.シンポジウムプログラム予定

14:00〜14:05
開会挨拶・趣旨説明
14:05〜14:45
3Rエコポイントシステム促進のためのガイドラインの説明
14:45〜15:15
事例発表(1事例15分、2事例程度)
新宿エコ自慢ポイント事業 他
15:15〜15:55
意見交換
コーディネーター:
崎田 裕子
(環境カウンセラー・ジャーナリスト)
パネリスト:
大島 美保
(アスクル株式会社 環境マネジメントマネージャー)
大和田 順子
(ロハスビジネスアライアンス共同代表)
小野田 弘士
(早稲田大学環境総合研究センター准教授)
川口 弘
(足立区環境部計画課長)
神田 浩史
(ぎふ・エコライフ推進プロジェクト実行委員長)
15:55〜16:00
閉会
上記内容は現時点での予定です。発表者の都合等により、プログラムの一部を変更する場合があることを御承知おき下さい。

8.取材について

 御希望の方は平成23年3月11日(金)までに、「御社名、媒体名(テレビ、新聞等)、撮影の有無、取材代表者名、取材者合計人数、御連絡先(TEL、携帯電話、FAX、電子メール)」を明記の上、電子メールにより、上記の申込み及び問合せ先(電子メール:jpab3r-ecopoint@abeam.com)までお申し込みをお願いいたします。なお、会場の都合上、お申し込みのない場合は、取材をお断りさせていただく場合がございますので御注意ください。

連絡先
環境省大臣官房廃棄物・リサイクル対策部企画課循環型社会推進室
直通:03-5521-8336
代表:03-3581-3351
室長:大森 恵子(内線 6898)
室長補佐:白石 知隆(内線 6807)
担当:近藤 祐介(内線 6819)

ページ先頭へ