報道発表資料

平成23年2月10日
地球環境
この記事を印刷

平成22年度 エコ燃料利用促進補助事業の採択案件について(お知らせ)

 環境省では、輸送用エコ燃料(バイオ燃料)の供給・利用拡大を推進していくため、エコ燃料製造設備等を導入する事業に対し、必要な費用の一部を補助する「エコ燃料利用促進補助事業」を平成19年度から実施してきました。
 平成22年度は、6件の事業を採択することとしましたのでお知らせいたします。
 なお、本事業は22年度をもっていったん終了となります。これまで採択した20事業によるCO2削減効果は年間およそ3.3万トンと見積もられます。

1.事業の概要及び目的

 本事業は、輸送用エコ燃料の供給・利用拡大を図ることを目的として、バイオエタノール製造設備やバイオエタノール混合ガソリン製造設備を整備する事業、バイオディーゼル燃料の製造設備等を整備する事業に対し、必要な費用の一部を補助(補助率:1/2)する事業です。

2.平成22年度補助対象事業の選定結果

 事業性、経済性・効率性、波及効果、実施体制、排水・廃棄物の適正処理、経理的基礎又は資金調達計画等の観点から審査した結果、中川物産株式会社(愛知県名古屋市)のバイオエタノール混合ガソリン等利用促進事業(CO2削減効果12,500トン/年)等
 別添1に示す6件の事業を採択することとしました。

3.エコ燃料利用促進補助事業の実績

 本事業は平成19年度から実施し、これまで20件の事業を採択しました。(中止等した事業を除く主な事業は別添2のとおり。)本事業は22年度をもっていったん終了となります。これまで採択した事業によって製造されるエコ燃料の使用に伴うCO2削減効果は年間約3.3万トンです。

添付資料

連絡先
環境省地球環境局地球温暖化対策課
直通 03-5521-8339
代表 03-3581-3351
課長 高橋 康夫(内線6770)
調整官 立川 裕隆(内線6771)
課長補佐 山本 陽介(内線6795)
担当 市村 憲和(内線6780)

Adobe Readerのダウンロード

PDF形式のファイルをご覧いただくためには、Adobe Readerが必要です。Adobe Reader(無償)をダウンロードしてご利用ください。

ページ先頭へ