報道発表資料

平成23年1月26日
水・土壌
この記事を印刷

平成22年度土壌汚染調査技術管理者試験の結果について(お知らせ)

 平成22年4月に土壌汚染対策法の一部を改正する法律が施行され、指定調査機関に対し、技術管理者の設置が義務付けられました。
 環境省では、この技術管理者となるための試験(以下「土壌汚染調査技術管理者試験」という。)を平成22年12月19日(日)に実施し、本日付けで合格者に合格証書を交付しました。結果は、受験者5,554名に対し、合格者1,055名(合格率19%)でした。

1.制度の概要

(1)根拠法令

 土壌汚染対策法に基づく指定調査機関及び指定支援法人に関する省令(平成十四年環境省令第二十三号)第11条

(2)目的

 土壌汚染対策法に基づく指定調査機関に設置が義務づけられている技術管理者になるための資格付与

2.本試験結果の概要

(1)実施日時

平成22年12月19日(日)
午前10時30分から午後3時30分まで

(2)実施場所

仙台市(東北大学川内北キャンパス)、東京都(立教大学池袋キャンパス)、名古屋市(名城大学天白キャンパス)、大阪市(大阪工業大学大宮キャンパス)及び福岡市(福岡大学)

(3)結果

受験申請者数 6,245名
受験者数 5,554名
受験率 88.9%
合格者数 1,055名
合格率 19.0%

3.合格基準

 次の(1)及び(2)を満たすこと

(1)
総合得点率 65%以上(52問/80問)以上
(2)
問題区分別得点率
−調査
30%以上
−対策
30%以上
−法令等
30%以上
※問題区分
調査:
10時30分〜12時30分 問1〜問35
対策:
13時30分〜15時30分 問1〜問25
法令等:
13時30分〜15時30分 問26〜問45

4.合格者の発表

 本日付けで合格者に合格証書を交付及び環境省ホームページ上に合格者の受験番号を掲載する。
 URL:http://www.env.go.jp/water/dojo/kikan/exam/h22_result.html

連絡先
環境省水・大気環境局土壌環境課
代表:03-3581-3351
直通:03-5521-8338
課長:柴垣 泰介(内線:6650)
課長補佐:根木 桂三(内線:6652)
係長:高橋 尚子(内線:6655)
担当:百瀬 嘉則(内線:6680)

ページ先頭へ